はじめての採卵、一日の流れ 

体外受精までは考えられないなぁ
不妊専門クリニックに通院し始めた頃はそう思っていました。
不妊検査の結果、私は右側の卵管閉塞。主人は精子無力症
3回の人工授精の後、体外受精に踏み切りました。
41歳!余裕がないからです。

そして、今日、はじめての採卵です。
今朝7時半、病院に到着。
今日はスッピンです。
41歳、スッピン!なかなか勇気がいります!
しかし、手術中に顔色が分かるように、無化粧と指示があったので仕方ありません。
そして、体外受精と顕微授精の同意書を渡しました。
状態によって、どちらになるか分からないための2種類です。

主人は個室へ向かいました。お昼ごろに迎えに来てもらう予定です。

私はトイレを済ませて、待合室で待機。
名前が呼ばれ、個室で全部脱いで、検査着に着替えます。
コンタクトレンズはこの時点ではずしました。
この病院は全身麻酔だからです。
生理用ショーツに夜用の大きめナプキンを付けて、検査着のポケットへ入れました。

そして、手術台へ。

看護士さんが右腕をとり、点滴を確保。
その後、先生がお見えになり「では、はじめますね」と優しい口調。
「お酒は飲みますか?」と不思議な質問。
「いえ、殆ど飲まないです」と答えると、
「では大丈夫でしょう。飲む人は麻酔が効きにくいんですよ。
 静脈麻酔ですが、もし、痛かったら言ってくださいね」
と。
えぇ!!痛いってそんなことあるのぉ~怖いやーん…と思っている内に朦朧として、その後は全く覚えていません。
どうやら、ソッコー麻酔が効いたようです。

気がついたのは、看護師さんの声。
「大丈夫ですか?もう少し安静にしていてくださいね」と言われたのですが、その後すぐにまた熟睡。
次に起こされた時に初めて起き上がりました。
点滴を引っ張って、トイレに行きました。
その後は30分ほど横になってから、着替えをしました。
まだ麻酔が残っていて、ふらふら…
その後、先生による内診。
術後の腫れもなく、無事に終わったそうです。

採卵の数は合計12個
41歳にしては優秀だとお褒めの言葉があり、ちょっとホッとしました。
右が7個左が5個
明日、受精結果を電話で聞くことになりました。
その経過によって、移植の日が決定します。

そして、明日から黄体ホルモン膣錠を朝晩に2回開始です。

本日のお会計は¥95,340-
採卵よりも、移植の費用が高いらしいです。
お財布の10万円で足りて良かった♪

お会計をしていると、主人が迎えに来てくれました。
ふらっふらの体を支えて貰い、無事に家に帰りました。

明日の受精確認が心配ですが、もう後は神に祈るしかないです。

⇒ はじめての体外受精TOPへ戻る





 関連記事 
⇒ 体外受精 採卵はいよいよ明日
⇒ 採卵は明後日に決定
⇒ はじめての体外受精
⇒ 排卵誘発法について
⇒ 痛い注射と、凄く痛い注射
⇒ 点鼻薬 ブセレキュア、スタート
⇒ 体外受精とは
⇒ 採卵の方法とリスク
⇒ 採卵当時の流れhCG3000を自己注射して、両鼻にブセレキュアを点鼻済み

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア