自己注射のためのスケジュール 

自己注射の一連の流れはiPadで映像により予習が完了!
看護師さんより「大体こんな感じかなとわかりましたか?」と聞かれましたが、実際にやっていないので「分かりました」なんて言えませんでした。
その後、通常は1対1での注射指導なのだそうですが、この日は病院が異常に混雑しており、1対2(患者)でお願い出来ませんか?と言われました。
これ以上待たされるより、全然OKです。
すでにこの日は4時間以上病院にいましたから、かなりお疲れモードでした。

そして、もう一人の患者さんと共に個室に入りました。
私と同じ40代の方でした。

看護士さんから一人一人の薬の説明がありました。
卵の育ち具合により、一人一人薬の種類も量も、排卵誘発法も違います。

私の今回の排卵誘発法はショート法です。

そして、個人のスケジュール表が渡されました。
私のはこんな感じです。

f005.jpg

注射はゴナピュール。
どうやら、一種類だけのようです。
しかも、ゴナピュールは注射のでも痛みが少ない方…らしいです。
痛みが少ないって言っても、注射だから痛いですよね、きっと。
どの程度痛いのか、初めてなのでたぶん分からないでしょうね…


この他には点鼻薬があります。
ブセレキュアという鼻シュッとするお薬です。
これで、排卵を抑制するらしいです。注射に比べれば痛みもないですし、問題ありません。

でも! 鼻にシュッとするのは1日に3回。
8時間空ける必要があるので、7時・15時・23時に忘れずシュッしなければなりません。
絶対にわすれてはいけないので、「携帯のアラームをセットしておいた方がいいですよ」との看護師さんからのアドバイスがありました。
確かに、忘れてしまいそう。注意しなければ!

F006.png

そして、とうとう自己注射の実践です!きゃぁ~

  ⇒ いよいよ初めての自己注射へつづく





 関連記事 
⇒ 自己注射って何?何?何ぃ~?
⇒ はじめての自己注射
⇒ いよいよ始めての自己注射
⇒ はじめての自己注射 ひとり編
⇒ 自己注射、はじめて完了!
⇒ 自己注射について 

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア