スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
カテゴリ : スポンサー広告

4つの幼稚園見学で更に悩む 

まだまだ先のことだと思っていたのに、もう幼稚園なの?!
公園のママ友さんたちの会話で、幼稚園についての話題が多くなってきていた春。
4月の時点で満3歳であれば、年少さん。
ということは、うちはまだ再来年の話。
幼稚園見学なんて全く考えていなかった。

しかし、公園で情報収集していると、早い方は妊娠中に幼稚園見学に行ったという。
妊娠中に?!ってビックリした。
ここは田舎なので、幼稚園を選ぶ際にあまり選択肢がない。
市内の幼稚園に入れないなんてことはないとも聞く。
もちろん、市内でなくても隣接する市の幼稚園に通わせている方もいるとの話。
そっか!もうそんな時期なのかと急に焦り始めたのが5月ごろだった。

それから市内にある通えて、私がもしもの時に自転車で駆けつけられる幼稚園は…
と、4つ選んで次々に電話してみた。
6月から7月上旬にかけて、その4つの幼稚園すべてに見学に行かせていただいた。
なかなかハード~な1か月だった。

初めての幼稚園見学で気を付けたこと。
見学申し込みの電話をかける時間帯。
忙しい時間はさけてみた。
出かける前に質問したいことを考えておいた。

ただ、服装などはあまり気にしなくていいと先輩ママさんから聞いていたので、ラフなまま。
ジーパンは一応さけておいたけど、全然OKな感じがした。
持参したのはスリッパ。
事前に携帯の折り畳みスリッパは購入しておいた。
色んな場面で使えるよう黒で♪



今まで使っていたのは旅行用で持っていたストライプのものだった。
やっぱり、黒とかグレーとかよね、これから必要なのは!
ホントは美脚なヒールアップスリッパが欲しかったけれど、高かったので諦めた。
たまにしか使わないものにお金をかける余裕はない…

4か所の幼稚園の見学に行ってみて、さらに悩んだ。
何を基準に選ぶか。
私が便利なところ。
私が気に入ったところ。
娘が気に入ったところ。

一番近い幼稚園はマンションのベランダから見える。
徒歩5分ほど。
自由でのびのび。
でも、すごく建物は古い。

二番目に近い幼稚園はお寺内にある幼稚園。
自転車で約10分。
厳しく、しつけが凄いといった印象。
園庭が広く、遊具がいっぱい。

三番目に近い幼稚園は住んでいる所よりもさらにド田舎。
自転車で15分、周りは田んぼしかない。
自由を通り越して、ゆるゆる~な感じ。

四番目は最寄り駅から一駅先の駅前。
自転車ではちょっと厳しい。
体操・習字・英語など年少から始められるのが魅力。
一番新しくてキレイ。

私はお寺の幼稚園がお気に入り。
一番、ピシっとしていたのが印象的だった。

娘が気にったのは三番目。
一番ゆるゆるな幼稚園。
唯一、クラスに入らせてもらえ、一緒に1時間ほど遊ばせて貰えたところだった。

見て回るのが見学。
でも、そうじゃなく、実体験で娘は選んだってことだな。
そういえば、古そうだったけれど、オシャレな木馬が置いてあって、娘は大喜びして遊んでいた。



どんなに喜んでいても、木馬は家に置けないな。
大きくて場所も必要だし、なんて言ったって高そう~
置けても、 ロディ RODYかな?
いや、買えてもの間違いか…

一番近いところが一番便利そうだな♪
いや、やっぱりお寺、いや娘が気に入ったところがいいかも。
見学したのはいいけれど、余計に悩んでしまった。
でも、秋ごろにはどの幼稚園にするか考えないと!
プレの申し込みがある。

ただ…
一番の悩みはこれだけ見学して悩んで、再来年にここにいるんだろうかってこと。
もしかすると、来年あたり転勤?
なーーんてこと、十分有り得る。
さて、どうなることか…









にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 頭を強打し、救急車のお世話になりました
⇒ 自治体から言葉の発達チェック
⇒ たんこぶ娘、痛みをしっかり覚えてる
⇒ 公園通いで、私の体重に変化が…
⇒ 公園で遊ばないとお昼寝してくれない
⇒ 初めてのさくらんぼ・佐藤錦をパクパク!
⇒ 「Ob-La-Di, Ob-La-Da」が大好き♪
⇒ 食に興味のない娘でも、アイスクリームは食べた!
⇒ お玉の奪い合いで大泣き


 
カテゴリ : [育児]2歳
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。