スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
カテゴリ : スポンサー広告

お玉の奪い合いで大泣き 

公園通いでどうしても出て来る問題。
それが、オモチャの奪い合い。
大きくなってきたら、「かしてー」「いいよ」のやりとりができるようになる。
けれど、2歳児にはまだ無理。
気になったものは遊びたい、ただそれだけ。
自分のものという意識はあるのに、他人のものという意識はなさげ。

特に砂場はオモチャであふれている。
ひとたびオモチャを広げるともうどれが誰のものか判別できない。
名前は書いていても、すぐに消えてしまう。
テプラ(TEPRA)で名前を貼っている方もたまにはいるけれど、少数派。
それに、ほぼ同じようなものなので、親から見ても名前を確認しない限り、パッと見では判別不能。

そんな中、娘はおままごとのお玉を手に取った。
どう見ても娘のものじゃない。
スコップやバケツしかない中、お玉は目を引いたらしい。
珍しいものは遊びたくなる気持ちは分かる。

とりあえず、娘に言ってみる。
「それはハル君のだよ、かしてって言いにいこっか」と。
それを聞いていたハル君ママは「あ、どうぞ♪」と言って下さった。
でも、新幹線のオモチャで遊んでいたハル君が反応した。
もちろん、新幹線のオモチャは別の子のもの。

ハル君は無言で娘が持っていたお玉を取り上げる。
娘はまた取り返す。
さらにハル君が引っ張る。
娘も放さない。
そして、力いっぱいの奪い合いが始まった。
両者、引かない。

ハル君は2か月上の男の子。
ママの姿を見て、お料理が大好き。
家でも一緒にお料理をするというほど。
砂場セットは全ておままごと。
その中のお玉を二人は奪い合っている。
いっぱいあるんだから、別ので遊べばいいのにって思うけれど、お玉がいいらしい。



「砂場に持ってくるには勿体ないくらいのセットだね」と、ハル君ママに言うと
「家用のがもう1セット買って貰ってるから、じぃじに♪」とおっしゃった。
同じものをもう1セット?!
「男なのに、マザーガーデンの木製 キッチンも持ってるよ、ピンクのイチゴのやつね」と…
なんて、ラブリーな☆
本当におままごとが好きらしい♪
そんな親同士の会話をよそに、二人はまだ引っ張り合い。

しかし、体の大きなハル君の力は強かった。
思い切りひっぱって、お玉を取り上げた。
反動でしりもちをついて転んだ娘。
転んだのが痛いのか、取り上げられたのが悔しいのか、娘は大泣き。
「これはハル君のだからね」と言っても、娘の耳には届いていない。
「じゃ、お水遊びしよっか」と言うと「うん」とケロっとしている。
こんな時、あっさりしてて助かるな~と思う。
でも、そうじゃない子も多い。

あと1年もすれば「かして」「いいよ」のやりとりが出来るようになるのか?
1学年上の子を見ていると、すごいな~と感心しきり。
イヤイヤも真っただ中。
この時期を早く通り過ぎてほしいなと願うばかり。









にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 頭を強打し、救急車のお世話になりました
⇒ 自治体から言葉の発達チェック
⇒ たんこぶ娘、痛みをしっかり覚えてる
⇒ 公園通いで、私の体重に変化が…
⇒ 公園で遊ばないとお昼寝してくれない
⇒ 初めてのさくらんぼ・佐藤錦をパクパク!
⇒ 「Ob-La-Di, Ob-La-Da」が大好き♪
⇒ 食に興味のない娘でも、アイスクリームは食べた!

 
カテゴリ : [育児]2歳
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。