確定申告で医療費控除をしよう その2 

支払った医療費を申告して少しでも税金が戻ってくるようにするのが医療費控除です。
しかし、医療費から除かなくてはいけないものがあります。
不妊治療助成金です。

医療費控除の計算は支払った医療費の総額から保険金などで補填される金額を引かなくてはなりません。
その保険金などで補填される金額にあたる一つが不妊治療助成金です。
他には、損害保険や生命保険の疾病生涯特約などに基づいて支払われる入院給付金や、支払った医療費のうち健康保険組合、共済組合などから補填を受ける療養費、分娩費、家族療養費、高額療養費などの給付金があります。

平成23年に受け取った私の 保険金は150,000円

これですね。

 baby19.gif

この不妊治療助成金は自治体ごとに手続きが異なります。
ご自身のお住まいの自治体で確認をし、申請をしましょう。



医療費控除の申告の際に、誰のどの治療の保険金なのかを記載する欄があります。
もれなく、申告をしましょう。


 関連記事 
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その1
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その3
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その4
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その5
⇒ はじめての不妊治療助成金申請
⇒ 不妊治療助成金の申請
⇒ 不妊治療助成を行う都道府県の問い合わせ先

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア