確定申告で医療費控除をしよう 

不妊治療をしているとお金がかかります。
この一年にかかった治療費を少しでも軽くするためには確定申告です。
医療費控除というのをご存知でしょうか?
会社に勤務していると確定申告は縁遠いもので、一度もしたこともないという人は多いかもしれませんね。
面倒なことですが、申告すれば税金が少しでも戻ってきますので、やっておいて損はありません!


f034.png


年が明けてまだバタバタしているとは思いますが、そろそろ確定申告の準備を始めたいと思います。
確定申告は2月16日~3月15日までです。
まだ先だと思っていたら、すぐに期限がやってきてしまいます。
3月15日が近づくと税務署もかなり混雑しますので、早めにさっさと済ませてしまいましょう。

まずは、昨年一年間にかかった治療費の領収書を揃えます。
同じく、薬局などで購入した医薬品などの領収書も揃えます。
健康診断や、予防のためのサプリメントなどは医療費とはみなされません。
ただ、治療のためのサプリメントは医療費として申告ができます。
ちゃんと、領収書はとってありますか?
そして、通院費用も申告が可能です。
しかし、通院に車を使った場合のガソリン代は出来ません。

領収書の多さに愕然です!
人工授精3回と体外受精1回。
さらに、卵子の質を良くするためにサプリメントを服用しているので、金額はすごい額になっています。
また、不妊治療以外にもかかった医療費もあります。
全部をかかった病院ごとに分けていきます。
そして、病院ごとに金額を計算していきましょう。

 関連記事 
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その2
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その3
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その4
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう その5

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア