藤の椅子で歩く練習♪ 

帰省している主人の実家では娘が歩くことに夢中になっている。
伝い歩きはほぼ横にしか進まない。
けれど、イスを押して歩くと前に進む。
初めて前に進むことを知り、楽しくて仕方がないらしい。
和室の畳に小さい藤の椅子は滑りが良く、娘が押すのにちょうど良い♪
おまけに軽いので、方向転換も楽々。
娘でも簡単に持ち上げられるので和室をイスを押しながら歩きまくり。
良い感じに自由自在に動き回れている。

藤の椅子で歩く練習♪

お義父さんはその光景に満足気。
小さい藤の椅子買えばいいよ」とおっしゃった。
いや・・・和室だから、畳だから滑るんであって、わが家はほぼフローリング。
きっと滑らない。
わざわざ歩く練習のために藤の椅子を買うのもどうかと思うし…
とういか、それなら普通にカタカタを買えばいいんじゃない?ってことになった。

まだ歩かないな~なんて思っていたけれど、カタカタがあれば良かったのか。
そういえば、そういった系のオモチャはまだ何にもなかった。
乳幼児健診の時に「歩くまでは歩行器は使わないように!」と言われたことがあった。
足を前後に蹴らず、両足一緒に出してしまうようになるからと。
でも、カタカタならいいよね。

早速、お義父さんはカタカタを買おうとおっしゃって下さった。
けれど、今回の帰省は車じゃない。
カタカタを買って、飛行機で持って帰るのは大変。
かといって、宅急便で送るなら大きいので送料がかかる。
結局、帰ってから買いなさいと娘にお小遣いを下さった。
主人の実家ではお義母さんよりもお義父さんの方が孫にべったり♪
「お義父さんは孫にあまり関心がない」という友達の話を聞いていただけに、微笑ましく、そしてとても有難い。
3泊お世話になり、主人は帰り、私は自分の実家へ娘と移動。

「1週間いるなら、もう1日くらい遊びに来れるね」とお義父さんはおっしゃった。
主人の実家に3泊、私の実家に6泊。
あはは、やっぱり多かったかな。
3日後に遊びに来ますとお約束して主人の実家を後にした。





にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 立った!立った!立った~♪
⇒ 伝い歩きから激しい後追いへ
⇒ カラーボックスで新ベビーフェンス作り
⇒ スムーズな卒乳に向けて徐々に
⇒ 赤ちゃんの知育にヌリー
⇒ 40度の熱、「おそらく突発性発疹でしょうね」
⇒ 赤みだけ、「おそらく突発性発疹ではないでしょうね」
⇒ しまった!おやつ=ハイハインになってる・・・
⇒ 産後初の生理痛は少し楽になった
⇒ 謎の発疹と、二人の夏風邪
⇒ ラストおっぱい、卒乳の決意
⇒ ゆるっと卒乳おめでとう♪
⇒ 乳幼児健診に行ってきた
⇒ 卒乳に乾杯♪ 久々のお酒にほろ酔う
⇒ 1歳記念に写真館で撮影
⇒ 夏だから娘に手作り甚平
⇒ 娘がいるから竹シーツからソルティークーラーへ
⇒ 今年は飛行機で帰省へ

 
カテゴリ : [育児]1歳
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア