伝い歩きから激しい後追いへ 

やっと捕まり立ちが出来た~!!と思ったらすぐに伝い歩きが始まった。
成長ってすごいなぁと感心しまくりの日々。
そんな中、気になっているのはベビーベッドなき後のこと。
ベビーベッドのレンタルは9か月の契約。
部屋にあると大きくて圧迫感はあったものの、やっぱり便利だったな~と思う。
業者から電話があり、返却の日が決まった。

初めてベビーベッドが家に届いた日のことをはっきり覚えている。
生まれてから数か月はカーペットにベビー布団を敷き、寝かせていた。
けれど「オムツ替えしにくい」と主人が言い出し、レンタルすることに。
私は部屋が狭くなるので、あまり乗り気ではなかった。
ベビーベッドを置くと、げげげ!めっちゃ大きい!リビングが占領される!って思った。
小さい小さい娘を寝かせると更に大きく感じた。
サイズは一般的な120×70センチ。
縦70センチの長さに寝かせても十分だった。

すくすく育った娘は寝返りしまくり、伝い歩きしまくり。
初めは大きく感じたけれど、寝かせるといい感じに余裕があり、大きいとまでは感じない。
上手く出来たサイズなんだなぁと感心した。

回収の日。
とうとうなくなってしまうのか。
何だか寂しいな~なんて思っているところへ業者さんが到着。
ベビーベッドは業者さんがあっという間に片づけ、そして回収。
広くないと思っていたリビングはそこそこ広くなった。
といっても、段ボール製のベビーフェンスは高さがあるのでやっぱりまだ圧迫感がある。

後追いするようになり、伝い歩きも早くなってきた。
段ボール製のベビーフェンスまで素早い動きでやってくる。
BUMBO バンボアンパンマンのよくばりボックスを置き、通せんぼしようと試みた。
けれど、凄い力で両方を振り回して道を作る。
あっという間に、フェンスまでやってきてバンバン!叩きながら大泣きする。
キッチンに一番近い角が娘の定位置になってきた。
いつ見てもその角に立ち、私の方を見ながら大泣きしている。
段ボールの壁から顔だけが出ており、それを見ると切なくなる。
ただ、後追いしないな~と心配していたので、少しほっとした。
みんなにあることがなかったとしたら、やっぱり心配だから・・・

伝い歩きから激しい後追いへ

後追いはどんどん激しくなってきた。
角はどうしても段ボールで塞ぎきれないため、微妙な隙間が出来ている。
その隙間目がけてグイグイ体を入れ込もうとする。
土台に使っている赤ちゃんの純水のペットボトルは何本もあるので、かなり重いはず。
でも、全然ダメ。
いくら1歳児といえども、体重がかかるとかなりの負荷。
いつの間にか微妙な隙間は結構な隙間に・・・
その都度、段ボールフェンスを整えなおす作業をする。
そうすると、その作業を見ている娘は思ったに違いない。
「ははーん、ここなら崩せるな」なんてことを。
1歳の知恵は侮れない。
常にその隅っこを攻めてくる。
おかげで段ボールはそこだけが弱くなってしまった。
そろそろ潮時かもしれない、次なる作戦を実行だ!





にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 抱っこする戦友の涙にもらい泣き
⇒ 100歳の祖母、曾孫の名前を覚えてる♪
⇒ 別れ際、いつも母は涙顔
⇒ リモコンをエサにハイハイ大成功!
⇒ ハイハイ全開で行動範囲アップ!
⇒ 断乳ではなく、卒乳を目指して
⇒ ご近所ママ友さんが出来た~♪
⇒ 1歳の誕生日プレゼント、迷い迷って
⇒ 診察室で泣くのは正常な反応♪
⇒ 段ボールでベビーフェンス作り
⇒ 1歳の誕生日祝、一升餅を注文してみた
⇒ 離乳食、初めての卵(卵黄)
⇒ ハイチェアを断固拒否する娘
⇒ おめでとう!みんなで1歳の誕生をお祝い♪
⇒ 初めての親子教室と初めての発熱
⇒ 満1歳で初の38度超え
⇒ 立った!立った!立った~♪

 
カテゴリ : [育児]1歳
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア