抱っこする戦友の涙にもらい泣き 

帰省中は私の予定で毎日お出かけ。
この日は娘を連れて、歯の定期健診へ。
関東に越してからなかなか良い歯科医院を見つけられず、帰省のたびに健診へ出かけている。
娘を連れて行っても、抱っこしながら健診を受けられると電話で確認済み。
歯科医院は以前勤めていた会社の近所なので、電車と徒歩で30分ほど。
健診の帰りに会社に遊びに行く予定にしていた。

先生は顔を見るなり「おめでとうございます♪」とおっしゃって下さった。
抱っこしたまま台が傾いていくと、娘はキョロキョロ。
でも、意外にも泣かなかった。
先生の手の動きや見慣れない器具が気になるようで、目は釘付け。
眼科の先生は女医さんだったけれど、歯科の先生は男性。
かなり顔を近づけているけれど、泣かないのでビックリした。
娘がいるので、最小限の健診にとどめてもらい、30分ほどで終了。
先生に気になっていることを聞いてみた。
「どのくらいになれば、出っ歯って分かるんでしょうか?」
指しゃぶりも気になるけれど、それ以上に遺伝も心配だったから。
先生がおっしゃるには、やはり4~5歳くらいにならないと分からないそう。
遺伝のような先天性が5割、指しゃぶり・口呼吸・爪噛み・寝る姿勢といった環境でなる後天性が5割だと言われた。
心配なのは特に遺伝。
主人方にかなり立派な出っ歯の方がいらっしゃる・・・もちろん一人や二人じゃない。
それがあったから、主人はチュチュベビーの出っ歯になりにくいおしゃぶりを買ってきている。
けど、娘は全くしない。
母は「もしもの時は、お金がかかっても矯正してあげなさい」と言っていた。
遺伝と指しゃぶりの両方で私の心配は倍増。
今から“矯正貯金”をしなくちゃと思っている。

健診が終わると受付の方から「先ほど、Oさんがお見えでしたよ」と声をかけられた。
Oさんはこの後うかがう会社の同僚。
10年以上一緒に仕事してきた言わば戦友のような存在。
もしや、仕事で会社にはいないとか?会えなくなったとか?
何もおっしゃっていなかったと聞き、歯科医院を出て急いで会社に向かった。

会社に着くとOさんはいらっしゃった。
歯科医院に来た理由を尋ねると「待ちきれなかったから行っちゃった~♪」とのこと。
Oさんは前々から子供が大嫌い・・・でも、「抱っこさせて!」と。
娘を抱っこしてもらうと案の定、大泣きした。
それでもOさんは「信じられない、本当に良かったね、良かったね!」と言いながら泣き出した。
「ダメだぁぁ、嬉しくて涙がぁぁ」って顔をくしゃくしゃにして笑い泣き。
その姿を見ているこっちまでもらい泣き。
高齢出産は賛否両論。
そんな中、良かったね!と泣いて喜んでくださる人がいることに嬉しくて胸がいっぱいになった。
娘と二人だけの帰省は大変だけど、帰ってきて良かったなぁって本当にそう思った。









にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 長頭症+ハゲに頭の形が良くなる枕
⇒ 初節句・雛人形を飾りましょう♪
⇒ スリングからクロス抱っこ紐へ
⇒ ミミクリーペットのリスちゃんとおしゃべり
⇒ 生後9ヵ月、娘と二人だけの帰省計画
⇒ 赤ちゃんの耳抜き対策にストローマグ
⇒ いよいよ娘と二人の帰省
⇒ 赤ちゃん連れで初めての飛行機
⇒ 帰省とともに娘の人見知りが始まった!!
⇒ 娘は斜視ではないらしい♪

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア