帰省とともに娘の人見知りが始まった!! 

娘と二人の帰省はお正月とは全く違いゆったりしたものになった。
実家ではじぃじ&ばぁばが娘を抱っこしてデレデレ♪
孫を抱っこして貰える日が来たこと、改めて嬉しく思った。
母はしみじみ言った。
「ベビーカー押してる人を見たら、どうしてうちは…ってずっと思ってた」って。
私が親子連れの姿を見るたびに羨ましく思っていたように、母も同じ気持ちだったんだな。
遅くなったけれど、孫を見せることが出来て本当に良かった。

友達と会うのは久々だった。
お家に遊びに行ったり、アフタヌーンティーでお茶したり、会社にお邪魔したり、ボーネルンドに連れてって貰ったり。
ただ、今回はお正月と明らかに違うことが起こった。
なんとこの帰省とともに娘の人見知りが始まったーー!!
この子は人見知りしなんだろうか?ってちょっと心配していたので、良かったのは良かったんだけど、タイミングが・・・
きっと知らない人にいっぱい会って、違う環境だもんね。
帰省が人見知りのきっかけになったのかもしれない。
生後9ヶ月、人見知りが始まるのは当然だね。

お正月、誰に抱っこしてもらってもニコニコしていた娘が大泣き!
実家で泊まっていることもあり、最初は泣いていても一晩経てば慣れた。
でも、主人方のじぃじ&ばぁばに会いに行った時は大変だった。
ずっと一緒にいる私の両親とは違うので仕方ないんだけれど・・・
孫と会えるのを心待ちにしていて下さったのに、娘は大泣き。
特にじぃじはほんの少し近寄っただけで泣き出してしまう。
抱っこしたくて仕方ないじぃじはあの手この手で仲良くなろうと必死。
キンプロのストローマグ和光堂のりんごジュースを入れて「おいちーよー♪」と振ってみたり。
買って下さっていたアンパンマンのおき上がりこぼしの鈴を鳴らしてみたり。
アンパンマン のリストバンドを手につけようとしたり。

帰省とともに娘の人見知りが始まった!!


でも、その甲斐も虚しく、2日間遊びに行ったけれど、手を触れることすら出来ないじぃじ。
さらに、両家で食事会もしたけれど、じぃじが孫を抱っこすることはとうとう出来なかった。
それを気遣ってか、うちの両親は食事会の時は抱っこしないと決めていたらしい。
「実家に泊まっている分、懐くのは当然だから申し訳ない」
そう言っていた。
ただ、お義父さんは小さい声でおっしゃった。
「うちにも泊まってくれないかなぁ」って。
一瞬、聞こえないフリしちゃおうっかな~なんて思ったけれど、そういう訳にはいかない。
本当は帰省前に主人にも相談していた。
うちの実家だけに泊まっていいものかって。
考えてみたけれど、私と娘二人だけではちょっとハードルが高い。
主人も遊びに行くだけで十分って言ってくれてた。
でも、お義父さんお義母さんはもっと一緒に居たいって思ってくださってる。
有りがたい話なんですけど・・・
「荷物が多くて移動が大変なので」とやんわりお断りしてみた。
じぃじはとっても残念そうだったのが気になった。
やっぱり気を遣ってしまうので、なかなか難しい。









にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 便秘で初めての綿棒グリグリ
⇒ 赤ちゃんの写真を素敵に撮りたい
⇒ 初めて離乳食を作る
⇒ 最初で最後のスワドルミー姿を
⇒ 生後8ヵ月、動きは活発に
⇒ やった~ お座りできたね♪
⇒ 長頭症+ハゲに頭の形が良くなる枕
⇒ 初節句・雛人形を飾りましょう♪
⇒ スリングからクロス抱っこ紐へ
⇒ ミミクリーペットのリスちゃんとおしゃべり
⇒ 生後9ヵ月、娘と二人だけの帰省計画
⇒ 赤ちゃんの耳抜き対策にストローマグ
⇒ いよいよ娘と二人の帰省
⇒ 赤ちゃん連れで初めての飛行機

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア