男性不妊の現状 

男性不妊とは
不妊症かもしれないと悩み、不妊専門クリニックへ通院しているのは女性だけではありません。
不妊症の原因は女性だけではありません。
昔に比べ、男性不妊の割合は高くなっているんです。
なかなか妊娠しないという場合、男性側に不妊の原因があることも考えられます

男性不妊の場合、自覚症状がほとんどありません。
見た目が男らしい、精力がある、性交回数が多い…
こういった事は、精子数・精子運動率などと関係がありません。

女性でもまさか自分が不妊症?と思うものです。
男性ならば、なおさらです。

不妊治療は、夫婦ふたりで改善に取り組んでいく必要がありますが、男性は特にナイーブだと思うのです。
なかなか女性から、男性へ病院に行って検査を受けてほしいというのは難しいですね。
自分が不妊症なわけがない!と思っていらっしゃるのは男性の方が多いかもしれません。
しかし、検査をしてみなければ原因は分かりません。
そして、不妊症の原因を知り、改善していかなければ妊娠という望みは遠くなってしまいます。
ご夫婦揃って、治療していくことが望ましいと思います。
不妊専門クリニックへ行ってみると、たくさんの男性の姿があります。
ご夫婦そろって頑張って治療されています。
自分は大丈夫だとは思わず、一度不妊検査を受けてみてはどうでしょう。
同じ悩みを持ちながら、頑張って治療を受けている方々がいるということを知ることも、とても大事な経験になると思います。
私が初めて不妊専門クリニックを訪れたとき、男性がたくさんいらっしゃるのを見てとても安心しました。
主人にも不妊症の検査を受けて欲しいとお願いしたときに、病院で男性たちがたくさんいたことを説明し、まずは検査からと納得して行ってもらいました。
○○レディースクリニックなどと書かれている病院に、男性一人では入りづらいだろうと思い、主人の検査のみでも必ず私は一緒に行っています。

男性不妊の原因は様々です。
排卵日にちゃんと仲良くしてる!というご夫婦でも、2年間妊娠しなければ不妊症の疑いがあります。
先天的なもの、後天的なもの、何が不妊の原因になっているか分からないからこその検査です。
男性の不妊症の場合、まずは精液検査からでしょう。
精液検査でたくさんのことが判明します
不妊症の検査、受けてみようかな…一緒の病院へ行くよ。という気持ちで検査を。

⇒ 男性不妊の原因

⇒ あなたの精子を守るための10か条

 関連記事 
⇒ 男性不妊の原因について
⇒ 夫婦で検査を受けましょう
⇒ 精子の運動率を上げるには
⇒ 男性不妊のためのサプリメント
⇒ 精子によい栄養素
⇒ はじめての「不妊クリニック体験」その1
⇒ はじめての「不妊クリニック体験」その2
⇒ はじめての「不妊クリニック体験」その3
⇒ あなたの精子を守るための10か条

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア