ベビーカーで電車に乗るということ 

生後6ヵ月、体重はやっと6000g。
くまのプーさんメリーにぶら下がっているプーさんを引っ張って、自分で音を鳴らせるようになった。
それだけで「すごい!上手♪」って大拍手してしまう。
ミルクを飲んでるとオナラの音に驚いて飲むのを止めた。
そのオナラは自分のだよ~♪
娘のしぐさや行動は何を見ても楽しくて面白い。
親バカ全開だなぁ♪っていつも思う。

産院で一緒だったママ友さんと産後はじめて子供連れで会う日がやってきた。
前々から会いたいね~って言いながらもなかなか会えずにいた。
待ち合わせの駅は最寄駅から20分ほど。
娘を連れて電車に乗るのはこれまで産院への検診日のみ。
ベビーカーで電車に乗るため、なるべく人が少ない時間を選んだ。

しかし!!
当日、そんな日に限ってまさかは起こる。
テレビで電車の遅延情報をチェックすると問題なく通常運転。
良かったぁと思いながら、娘をベビーカーに乗せて駅に向かった。
ベビーカーはコンビのメチャカル
電車移動などの際に軽くて便利なものをと思って選んだ。
ベビーカーを畳んで楽々持ち上げられるのが嬉しい。
片手にメチャカル、娘は抱っこして、電車に乗り込んだ。
車内はガラガラとまではいかないまでも、混んではいなかった。
ほっとしていたのも束の間、車内にアナウンスが流れた。
どうやら、どこかで事故が発生した模様…
ただ、乗っている電車はこのまま発車するとのことでそのまま乗ってしまった。
そう、乗ってしまった。
しまったー!と思ったのは次の駅だった。
いつもはそれほどでもないプラットホームに人が溢れていた。
雪崩れ込んできた大勢の人。
もう車内では身動きがとれず、外へ出ることも不可能だった。
ベビーカーが変形しそうなほど、ギュウギュウ詰めになった車内。
娘が押しつぶされないようただただ守るのに必死だった。

そんな時だった。
角に座っていたサラリーマン風の男性が「座ってください!」と私の袖を引っ張って下さった。
神様かと思った。
妊婦のときもマタニティーマークをつけたことはなかった。
ご高齢の方に席を譲ることはあっても、譲られたことはなかった。
これが初めて。
こんなにも有りがたいものだとは思わなかった。
通常、通勤ラッシュ時にベビーカー持ち込んで乗れば周囲も疎ましく思うかもしれない。
けれど、急な人身事故でのこの状況。
周囲の方も私が座れるようギュウギュウの中、通して下さった。
ベビーカーで電車で乗るということは、周囲の方にご迷惑をかけてしまうことがある。
通勤ラッシュを避けたつもりでも、大変なこともある。
とても勉強になったし、周囲の方の思いに感謝で胸がいっぱいになった。
忘れないでおこうと思った。
次は私が譲る番がくるかもしれない。





にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 予防接種で副反応?! その1
⇒ 予防接種で副反応?! その2
⇒ 乳頭混乱でパニック!
⇒ 悩んで迷ってベビースケールを買った
⇒ ベビースケールで見る安心感
⇒ 100日お食い初めとお風呂デビュー
⇒ 産後、はじめて母がやってくる
⇒ ばぁば、132日目の初対面
⇒ ハーブティーで母乳がいっぱい出てきた~♪
⇒ 白班の原因は浅いから?!
⇒ 白班の原因は寝不足かも
⇒ 赤ちゃんの背中までうんち!
⇒ 白班消えて、おっぱいの出さらにアップ!
⇒ 遅めのお宮参りへ
⇒ 赤ちゃんなのにザラザラの鮫肌!

 
カテゴリ : [育児]生後5~6ヵ月
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア