初めてのオムツ替えに感動 

この日、嬉しいことがあった。
はじめてのオムツ替え!!!
普通に生まれていたなら、オムツ替えで喜ぶなんてことないんだろうけど…
私の場合は娘に触れるだけで感動、そして緊張。

たくさん管が付けられた体は痛々しい
けれど、確かな温もりを感じる。
保育器の中にいる小さい小さい娘は触ると壊れてしまいそう。

そうっと、そうっと。

緊張しながら、オムツを交換。
オムツのサイズは小さい。

新生児サイズでもなく、 Sサイズでもない。
店頭ではほとんど見かけないマイクロサイズ
そのマイクロサイズでさえ、娘にはぶかぶかで大きい。
これがピッタリになって、新生児サイズに変わるころには退院できるんだろうな。

「早くこのたくさんの管が取れればいいね。痛いけど、がんばれ!!」
小さな体で頑張ってる娘に話しかける。

初めてのオムツ替えに感動

翌日、減り続けていた体重が上昇しはじめた!
1796g!
それでもまだ生まれた時の体重よりもずっと軽い。

この日、母乳指導とやらを受けた。
欲しいものは何でも食べていい。
搾乳する前はマッサージをする。
お風呂につかる。
基本ノーブラ。
赤ちゃんの写真を見るといい。
搾りムラがないようシコリは押さえながら搾る。
ホットタオルをあてるといい。

病院のメデラのダブルポンプで初めて50mlはじめて搾乳できた♪

やったー!!と、喜んでいる私の横で搾乳器を使わず、手絞りで搾乳するママさんがいた。
シャー! シャー! シャー!
リズム良く手から搾られる大量の母乳。
あっという間に120mlを搾って颯爽と搾乳室を出て行った。
なんて羨ましい!!
「でも、母乳過多も大変ですよ」と看護士さんはおっしゃってた。
少なくても悩み、多くても悩む。
これからもっと色んなことで悩むんだろうな。
一緒に悩んで、そして、楽しもうね♪ また明日ね。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

妊活サプリ【ミトコア300mg】





 関連記事 
⇒ 帝王切開に向けての自己血2回目・・・
⇒ 帝王切開に向けて麻酔科を受診
⇒ 赤ちゃんの体重1900g Xデーは近いのか?
⇒ 妊娠33週 前置胎盤、とうとう大出血!
⇒ 陣痛並みの張り、帝王切開決定かも…
⇒ ごめんね。早産になってしまう
⇒ 45歳初産 母になりました
⇒ 産後3日、赤ちゃんに会うために
⇒ 初乳を赤ちゃんに届けたい
⇒ 保育器の中の小さな小さな娘
⇒ 3時間おきの搾乳開始
⇒ 搾乳でアザが出来ちゃった
⇒ 娘の体重はまだ1740g
⇒ ピジョンの自動搾乳器を購入♪



 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア