初乳を赤ちゃんに届けたい 

私の顔を見た助産師さんが「出産されて穏やかな表情になってますね」っておっしゃった。
そりゃそうでしょうね。
いつ出血するかという不安と戦い、怯える毎日だった。
入院生活も一ヶ月を越え、さすがに4人部屋でストレスも・・・
赤ちゃんが傍にいないんだし、このままでいいよと言っていたのに、主人が個室を申し込んでおいてくれてた。
ゆっくり眠れるようにって。

「のこさーん、遊びに行きますね~♪」と同室の友達に見送られ、個室へお引越し。
入院生活は大変だったけど、病院で仲の良い友達が出来たことに感謝♪
一回り下の友達は妊娠31週。
私のように早産にならず、頑張ってほしい。

豪華ではないけれど、個室は広くて気持ち良い。
主人とも小声で話さなくても良い。
痛い時に声を殺さなくても良い。
そして、搾乳も周りを気にせず頑張れる!
長い入院生活、最後だけ贅沢させて貰うことにした。

この日からおっぱいマッサージが始まる。
看護師さんが「ちょっと見てみよっか」とマッサージをすると分泌!
「翌日でこれだけ出るなんて凄い!
 自己血だけだったのビックリしたし、もうかなり歩けてるし!
 あなた見てると、私ももう一人頑張れたかもって思う」

同世代の看護師さんは男の子一人を育てるママさん。
もう一人女の子が欲しかったらしい。

その後、看護師さんによるおっぱいマッサージを開始。
暫くすると別の看護師さんがスピッツを持ってきましたよ」と来て下さった。

スピッツ?!

スピッツ、キャンキャン!!

ではなく。

♪愛してるの響きだけで強くなれる気が・・・♪

でもなく。

10mlのスピッツ管
始めて見ました、スピッツ管とやらを。

おっぱいマッサージは痛いけど、出てくれることに感激☆
帝王切開だし、45歳初産だし、母乳が出るかどうか不安だったから、ほっとした。

母乳をスピッツ管へ。
ほんのちょっとでも初乳を赤ちゃんにって。
搾乳できたのはたったの0.1ml。
それでもこの時期に必要な大切な母乳。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村




妊活に本気で取り組む貴方へ!


 関連記事 
⇒ 帝王切開に向けての自己血2回目・・・
⇒ 帝王切開に向けて麻酔科を受診
⇒ 赤ちゃんの体重1900g Xデーは近いのか?
⇒ 妊娠33週 前置胎盤、とうとう大出血!
⇒ 陣痛並みの張り、帝王切開決定かも…
⇒ ごめんね。早産になってしまう
⇒ 45歳初産 母になりました
⇒ 産後3日、赤ちゃんに会うために

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア