妊娠に向けた私の朝食メニュー 

「あとに続きたいのに、のこさんみたいに卵がたくさん採卵できないんです。
内膜を厚くするために色々とされていたようですが、卵巣年齢が若かったですよね。
何か毎日の生活で取り入れてたことがあるなら教えてください」
といったメールを頂きました。

妊娠できた今回は内膜10mm!
この時は色々と追加で頑張ってました。
それまでずっと薄かった内膜が10mmなんて奇跡♪ 本当に嬉しかったです。

何が参考になるかは分かりませんが、とりあえず朝食について書いてみます。
以前通院していた病院の先生から「GI値が低いものが良い」といわれ、色々と取り入れて食べています。

妊娠のための朝食メニュー


・ミューズリー

玄米や穀物などがそれにあたるので、朝食にミューズリーを食べてます。

人気のグラノーラは油や甘味料を加えて焼き上げたもの。

ミューズリーは未調理の加工穀物。

食物繊維・ミネラル、抗酸化物質をバランス良く含まれている上、甘みがない。

その分、健康的かなって思います。
 
ただ、鳥のエサっぽい…

ふやかさないと歯ごたえあるし。


不味くは無いけど、美味しくもないかな。もう慣れましたけど。
個人的にはグラノーラの方が美味しいと思います。
なので、たまに食べてます。

亜麻仁油しそ油えごま油
朝食のミューズリーに必ずいれるのが、この3つの油のどれか。
しそ油、アマニ油はαリノレン酸がたっぷり。
αリノレン酸(オメガ3脂肪酸)はEPAやDHAを作る元になるもの。
現代はオメガ3脂肪酸が不足していると言われており、不妊の原因になっているかもということです。
EPAはホルモンバランスを整える効果もあり、不育症などにも効果があるそうです。
▼食べるオイルエステ亜麻仁油(アマニ油)で内側からのエイジングケア♪

・イチジク、プルーン、レーズン
イチジクやプルーンなどのドライフルーツには鉄分が豊富。
鉄分は体内に吸収されにくい栄養素なのですが、ビタミンCと一緒に摂ると効果的。
イチジクには鉄分だけでなく、ビタミンCも豊富に含まれているので嬉しいフルーツ。
さらに、イチジクには若返りホルモンであるエストロゲンもたっぷり。
卵子の若返りに良いというサプリメントはみんな若返りホルモンだったように思います。
食べて摂れるなら良いなって思い、少しずつですがこれもヨーグルトに入れています。
▼ドライフルーツ専門店の目利きの品山の上でとれる一番上質なグレードのいちじくを揃えています...

朝食はヨーグルトに上記のものを混ぜています。
毎朝決まっているわけではないですが、大体こんな感じ。
ミューズリー入りヨーグルト、サラダ、トマトジュースかアサイージュース、バナナ、プルーン。
足りないな~と思ったら、ナッツ!
おやつにもナッツ食べてます。

元々我が家の朝食は玄米、お味噌汁、漬物といった和食派でした。
でも「朝起きてすぐにお米は重たい」と主人に言われ、低GIや若返りなどを詰め込んだらこうなりました。
妊娠中は便秘になりやすいと聞きますが、全くなし。
ただ、最近飽きてきたので、マイナーチェンジしてみようかなと思っているところ。
朝食で何かが変わるとはいえないですけど、ずっと調子は良いです。
チリツモで老化防止になってればいいなって感じ♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村




 関連記事 
⇒ 妊娠20週 感動の胎動
⇒ 妊娠21週 いきなり鼻血ブー
⇒ 妊娠23週 お腹の子、性別はどっちだろ?
⇒ 妊娠24週 ブドウ糖負荷試験を突破せよ!
⇒ 妊娠25週 やっと性別判明♪
⇒ 妊娠26週 出産前に歯科検診
⇒ 45歳でも母乳で育てたい!
⇒ 妊娠27週 出産に必要なもの

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア