母親にはなれないんだろうか 

いよいよ、最後の移植が迫る。
不妊治療をはじめて3年7ヶ月。
妊娠したと喜び、流産で泣き崩れ、周囲の出産報告で落ち込み。
色々なことがあった。
結婚が41歳目前という晩婚。
もっと早ければどうにかなったのかもと思うけれど、そんな後悔は今更どうしようもないこと。
そんな年で産もうだなんて子供が可哀想!
批判的な意見もあるけれど、最初から高齢出産を望んでいたわけじゃない。
たまたま主人との出会いが遅かっただけのこと。
ただそれだけのこと。

叔母が40代で産んだ娘が先日結婚♪
私とは20歳も離れた従妹、Mちゃん。
叔母は離婚しており、経済的にはかなり大変だったのを知っている。
親が高齢だからとイジメられたこともなければ、勉強や就職に困ったこともない。
Mちゃんのお相手はお医者さん。
玉の輿だぁ!
今はセレブで優雅な暮らし、幸せいっぱいの様子。
高齢で産んで大丈夫かな。
子供のこと、体力的なこと、経済的なこと…
心配する私に叔母は「年とってたって大丈夫!」と背中を押してくれた。

でも、高齢での妊娠は思った以上に厳しかった。
不妊治療もそろそろ終わりが近づいている。
できれば、妊娠→出産という形で治療は終えたい。
子供が大好きな主人に自分の子供を抱いて欲しい。
これからの未来を三人で歩いて行けたらなって心から思う。

例えば、これがドラマなら…
先の見えない不妊治療。
もうこれがラストだと踏み切った体外受精で奇跡的に妊娠♪ そして、出産!!
なんてことになるんだろうな。
でも、現実は現実。
ドラマなんかじゃない。

不妊治療をしながらも、ずっと抱いてきた不安がある。

“ 私は母親にはなれないんだろうか ”

流産するたびに、その不安は大きくなった。
このまま不妊治療を続けても、私は母親にはなれないかもしれない。
永遠になれないかもしれない。

移植前日。
夜行バスに乗ろうと自宅を出る前、ずっと思っていたことを主人に聞いてみた。

たとえ、私との間には子供が出来ない運命だとしても、
それでもね、私は来世も一緒になりたい。
くっついててもいい?って。

主人はニコニコしながら言ってくれた。

今度は20代・30代の俺の知らないのこにも会いたい。
来世は二人で長い時間を一緒にいよう。
だから、待ってて。次は絶対もっと早く見つけるから。

この人と一緒になれて良かった。
結婚してからは不妊治療一色の生活。
それでも、楽しかった。
毎日が楽しくて仕方がなかった。
きっとこれからも楽しいよね。

私たちの赤ちゃん、お迎えに行ってきます!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる
⇒ 生理8日目、大谷レディスクリニックへ
⇒ え~まだ排卵しないで!!
⇒ 生理11日目、LH値下がって一安心
⇒ 最後の採卵が決まった
⇒ いよいよ最後の採卵
⇒ 祈りの凍結確認
⇒ 想定外の着床前結果に固まる
⇒ 着床前診断の結果に泣きそう
⇒ 不明なんて移植しない
⇒ この子は産まれたがっている
⇒ 変わらないホルモン補充
⇒ 奇跡の内膜10mmだ!
⇒ 不妊治療最後のために頑張ったこと

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア