祈りの凍結確認 

採卵から1週間後。
ドキドキの凍結確認の日がやってきた!

今回の採卵は生理3日目からずっと院長先生に診ていただいた。
副院長先生がお休みだったこと、パソコンが壊れて神戸に持参できなかったことが重なり、
大谷レディスクリニックの受付機で予約した結果、たまたま院長先生の診察となった。
こんなことは初めて。

でも、担当の先生といわれるとやっぱり副院長先生になるのかな?
結果を聞くだけだから、どなたでも良いといえば良いんだけど、どうしよう。
そんなことを悩みながら大谷レディスクリニックに電話。
しかし、副院長先生は相変わらずお忙しいよう。
受付の方から「暫く経ってからまたかけ直してください」とのこと。

緊張が長引くなぁぁ。
20分後、改めて副院長へ電話。
待つこと7分。

「1個ね。1個出してるから」 と、副院長先生。

よっぽどお忙しいのか、早口でそれだけ言うと電話は切れちゃった・・・

1個か。
採卵3個中、1個凍結。
あわよくば2個凍結出来てたらいいな♪
なんて、思ってたけど、やっぱり現実は厳しい。
もちろん1個凍結出来ただけでも良かった。

良かったけど、どう考えても厳しいよね… 

着床前診断、1個中1個正常卵なんてことあるんだろうか。
ははっ… 奇跡だよ、それって。

これまでのことを考えると、自信がない。
前回は2個着床前診断して、2個とも染色体異常だった。
それ以前の着床前診断の結果は、2個とも染色体異常、5個中、1個正常卵、4個中、1個正常卵。
確率で考えると、とても低い。
果たして、44歳の私に正常卵が残っているんだろうか・・

不妊治療、一生懸命やってきた。
運動もしたし、栄養にも気をつけた。
卵子に良い、妊娠に良いと言われるものは何でも取り入れてきた。

でも、悲しいかな、一生懸命やったとしても、必ず報われる訳じゃない。

1個中1個の奇跡を祈りながら待つだけ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる
⇒ 生理8日目、大谷レディスクリニックへ
⇒ え~まだ排卵しないで!!
⇒ 生理11日目、LH値下がって一安心
⇒ 最後の採卵が決まった
⇒ いよいよ最後の採卵

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア