いよいよ最後の採卵 

生理14日目。いよいよ採卵の日がやってきた。
大谷レディスクリニックでの採卵はこれで何度目だ???
転院してもうすでに1年が経過。
不妊治療も長くなってくると、すぐに思い出せなくなってくる。

前日の夜、主人と合流し、二人揃って大谷レディスクリニックのIVFセンタへ。
いつものように検査着に着替え、呼ばれるのを待った。
今回、主人は仕事の関係で先に帰る予定。
なので、この時点で「がんばろう!!」と励ましあって別れた。

いつも思うけれど、検査着に着替えてから待ち時間が長い。
いや、長く感じるだけなのかな。
一人でじっと待っていると今までのことが蘇ってきてしんみり・・・

不妊治療を続けているというだけで、どこか安心感があった。
まだ終わっていない。
続けていれば、いつか赤ちゃんが授かるかもしれないという期待。
だからこそ、終わらせることが怖い。
誰かに最後だと宣告されるのではなく、自分たちで決めた最後。
“これで最後なんだよ、終わりなんだよ”って自分に言い聞かせていた。
決心が鈍らないように…

待つこと30分、最後の採卵へ。

採卵が終わり、目覚めたのは30分後。
お腹は痛くない♪
ま、卵は少ないだろうから、当然かも。
診察に向い、K先生が採卵してくださったのが分かった。

「3個とれました」と、K先生。

3個。
クロミッドだもん、上出来だよね。
順調に胚盤胞に育ってほしいな。

節約のため、この日も夜行バスで帰る予定。
お昼前に病院を出て、すぐにネットカフェに向かった。
採卵後だから、さすがに体がだるい。
夜行バスの時間まで、まだ8時間もある。
長時間ウロウロと歩くのは体に響くので、ネットカフェは重宝する♪
リクライニングチェアを選んで、ゆっくり横になること6時間。
6時間パックで1500円弱。
飲み物は飲み放題だし、個室になってるし、体が休めてちょうど良かった。

その後、夜行バスに揺られて帰宅。
駅前で主人が待っていてくれた♪
「おかえり」と言って荷物を持ってくれる。
これからもこうしていられるなら、子供が出来なかったとしてもきっと幸せだと思う。
帰り道、朝陽に照らされた影が2人並んでる。
できれば、3人の影になったらいいのになって思いながら歩いた。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる
⇒ 生理8日目、大谷レディスクリニックへ
⇒ え~まだ排卵しないで!!
⇒ 生理11日目、LH値下がって一安心
⇒ 最後の採卵が決まった

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア