久々、クロミッドで採卵へ 

待ちに待った生理がやってきて、3日目に神戸へ行ってきました。
ようやく採卵へ進める♪
神戸への移動はいつも夜行バスを利用していました。
でも、満席だったので、仕方なく今回は新幹線で神戸へ。
さすが夏休み・・・
東京に出るだけでも結構時間がかかるので、バスの方が安くて便利なんだけどなぁ。
わが町はなかなか田舎なのです。

なんと! 
数日前、はじめて駅前にコンビニが出来ました!!!


うぉーすごーい! 駅前にコンビにですよ♪
いや~便利になるなぁ。
無いことが当たり前だったので、田舎暮らしも慣れてきたってことかな。

この日、担当の副院長先生はお休みなので、院長先生の予約を取っていました。
採卵のプランを決める大切な日。
担当外の先生で良かったのかなと不安もあった。
この日の待ち時間は1時間ほど。

「注射を連続してますから、低刺激で行ってみましょう」と、院長先生はおっしゃった。

ただ、クロミッドだけではなく、最初のこの日だけ注射(フォリルモン)も併用。
筋肉注射なので、 プロゲテポーと同じくらい痛かった。

低刺激なので、卵の数は多くは望めない。
前回の採卵は19個もあったのにクロミッドかぁ・・・
でも、院長先生のおっしゃるとおり、注射の連続だった。
クロミッド・・・それも良いかもしれないなと納得。
ただ、副院長先生なら、どう判断されただろうか?

クロミッドによる採卵は大谷レディスクリニックに転院する直前、KLCで1度だけ。
ちょうど1年ほど前。
あの時は、2個採卵、うち1個は未成熟、もう一つにかけるも小さい胚盤胞止まりで凍結不可で終了した。

注射がない分、ちょっと心が軽くなる。
その分、卵は少ない。
受精する卵も少ない。
胚盤胞まで育ってくれる卵がいる!と信じて頑張るしかない。

病院を出て、すぐに主人に報告。
低刺激で行くことで、主人は納得した様子。

「うん♪うん♪ 違うことをしてみるのもいいと思う。
 アカンかったら、また次があるんやし」

あれぇ? さらっと言ったね。
今、言ったよね?
確か「もう一度だけ頑張ろう」って言ってたのに。
もう次の話してるし!!
諦めが悪いのは、私より主人の方が上な気がする。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ アンタゴニスト法で採卵へ
⇒ 着床前診断を受ける際の採卵予約
⇒ 不妊治療はじめて丸3年
⇒ 採卵はD15で決定
⇒ 44歳の採卵
⇒ 子授け祈願に日枝神社へ
⇒ 着床前診断の費用と正常卵の確率
⇒ 3度目の着床前診断結果
⇒ エコーなし正常卵の移植
⇒ 正常卵2度目の妊娠判定
⇒ 産んでない人とは全然ちがう

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア