正常卵移植に向けて全力ホルモン補充! 

着床前診断の結果、正常卵1個♪
やっと移植へ進むことができる~!!と、いつものように夜行バスで大谷レディスクリニックへ。
大谷レディスクリニックでの移植は初めてなので、お話を聞くためです。

お正月の三が日、高熱にうなされ寝込んでいた私。
基礎体温がかなり乱れている。
きっと解熱剤を飲んだからだ。
基礎体温表はグチャグチャな線を描いており、排卵があったのか全く分からない状態。

先生の「排卵あったよね?」の質問に「それが…」と事情を説明。
「じゃ、血液検査で確認しとく?」ということに。
費用はかかるけれど、仕方ない。
確実に生理が来ないことには話しにならない!
その後、大谷レディスクリニックでの移植が初めてということで内診へ。

「内膜が薄いね。6.8mmや」と副院長先生。

内膜6.8mm?! うっす~ 薄すぎ!!

「年齢的に難しいな。
 なかなか内膜、厚くならんからね。
 出来る限りのことをしよっか!」


f279.gif

こうして出されたエストラーナは全部で52枚!
生理初日からエストラーナを貼り付け。
4枚から始まり、8枚、12枚、16枚と徐々に増えていく。
お腹もお尻もエストラーナだらけになるなぁ。
これだけ貼っても内膜厚くならないんだろうな…あぁ不安。

そしてまた夜行バスで帰宅。
真冬に夜行バスというのは初めてで、かなり参りました。
暖房すごくて乾燥が…
マスクとのど飴とお茶で何とか乗り切りましたが、初めて寝付けなかった。
今後の対策を考えなければ!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ もう少し、あともう少しだけ
⇒ 2度目の着床前診断へGO
⇒ 2度目の着床診断へ D7
⇒ D8 やっぱり卵少ないな。
⇒ D11 たまにはスパ泊
⇒ D12 “まさか”は起きる
⇒ D13 採卵日やっと決定
⇒ 着床前診断に向けて2度目の採卵
⇒ 希望に繋がる凍結確認!
⇒ 恐らく不妊治療、最後の年になる
⇒ 2度目の着床前診断結果
⇒ 皆さん、ありがとう!

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア