嬉しいような、悲しいような 

不妊治療をはじめ、治療の記録を残そうと書き始めたこのブログ。
すでに記事は300件を超えました。
不妊治療開始から遅れること1年、昨年ランキングサイトに登録。
同じ不妊治療をしている方の声が聞けるのでは?と思ったからです。
その後、高齢赤ちゃん待ちカテゴリ約500件中で上位に。
今日(6/28)何気に見てみてビックリ!登録10000件を超えるマタニティカテゴリでも1位に。
たくさんの方に読んでいただき、色んな方から応援していただき、感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。

でも、嬉しいような、悲しいような、悲しいような、悲しいような…

だって、こんなはずじゃなかった。
とっくに、高齢出産か子育てブログに変わっている予定だったから。
ランキング上位に来るということは「長い間居座っている=まだ産まれてない」ってこと。
2年経っても変わらない状況にやっぱり悲しくなる。

昨年、はじめて心拍確認が出来た頃のこと。
高齢赤ちゃん待ちカテゴリから私のブログが消えていたことがありました。
ランキングサイトのスタッフの方が記事を読み「妊娠している」と独自判断。
断りなくカテゴリ変更されていたのです。
まだ妊娠6週目の頃でした。
ですが、すぐに元通りにしてもらいました。
赤ちゃんの心拍が停止し、稽留流産してしまったから。
「デリケートな分野なので、変更は本人確認後にお願いします」と泣きながらメールを送りました。
妊娠6週目がどのような状態なのか…全く知識のないスタッフの方だったのでしょう。

結局、妊娠・出産カテゴリから高齢赤ちゃん待ちカテゴリへ出戻り…
すごく悲しかった。
今度、カテゴリ変更をするときは、妊娠して自分の意思で変更したい!と思ったのを覚えています。
あれから、もうすぐ1年が来てしまう。
私が高齢出産ブログを書く日は来るのだろうか。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア