後悔ですか? ストレスですか? 自慢ですか? 

「40代での超高齢出産を目指す」
不妊治療の体験を綴ったブログにたくさんの方が遊びに来て下さり、本当にありがとうございます。
同じように高齢出産を目指し、不妊治療を続けている方。
不妊治療を経て、妊娠・出産された方。
不妊治療を諦める選択をされた方。
色んな方々からたくさんのコメントやメールを頂きます。

同じ悩みを持つ方からの応援や共感の言葉に感謝でいっぱいです。
妊娠・出産された方からの「諦めないで」という励ましに勇気を貰っています。
そして、治療を諦めた方からの切ない思いは胸に響きます。

そんな中、少数ですが不思議に思うコメントも届きます。
不妊治療の経て出産された方からの「産まない方がいい」という内容です。
みなさんが読めないよう非公開で送ってこられます。
さらに、私からの返信が出来ないようになっています。
そう、一方的です。

不妊治療を経ての出産、大変だったことと思います。
しかし、このような内容を送るということはどういうことなのでしょう。
どうして私に送ってくるのか不思議でなりません。

子供を産んだことを後悔しているのか。
子育てのストレスを発散しているのか。
それとも、産めない私に自慢しているのか。

頑張っても頑張っても授からない私はどうしても卑屈になってしまいます。
子育ての大変さは私には分かりません。
でも、その大変さを知っているその方を羨ましく思ったりします。
私はこの先、子育てという貴重な経験をすることが出来るのだろうか、と。

自分自身の体験を伝えたいという単純な思いからかもしれません。
ですが、そのような内容は出来れば配慮していただけないでしょうか。
何気ない一言で深く傷つくことがあります。
ストレスになってしまうことだってあります。
ならば、コメントやメールを受け付けなければいいと思われるかもしれませんが、このブログは私にとって大切な交流の場となっています。
オープンにしにくい不妊治療だからこそ、同じ悩みを持つ方々が集まるこの場が嬉しいのです。
勝手なお願いかもしれませんが、温かく見守って頂ければ嬉しいです。
返信ができないため、今回このような形で書かせていただきました。
どうかよろしくお願いします。

この場をお借りして。
メールを下さる方へは必ず返信しているのですが、戻ってきてしまうことが少なからずあります。
また、いつもメールをやりとりしている方にいつも通りに返信をしているのですが、急に戻ってくるようになってしまったり…
メールはしっかり読ませて頂いています。
返信できず申し訳ありません。

~お詫び~
今回の記事に関してたくさんの応援メールを頂きました。
本当にありがとうございます!
ただ、同じように治療されている方には配慮の欠けた内容だったのではないかと反省し、一部内容を削除しました。
気分を害された方がいらっしゃったなら、申し訳ございません。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 不妊治療をしていること、誰かに話していますか?
⇒ 友人からの不妊治療のすすめ
⇒ 言葉は凶器

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア