ZERO~新型出生前診断の現場を見て 

新型出生前診断が研究として始まってから25日。
夕べ、ZEROの特集「新型出生前診断の現場」を見ました。
新型出生前診断は現在国内15の病院で実施
実際に新型出生前診断を希望するご夫婦に密着し、カウンセリングを受ける様子が流れていました。
カウンセリングは検査を受ける前後に行なわれます。
最初の質問は「出生前診断を受ける理由は?」でした。

新型出生前診断はわずか20ccを採血しただけで分かる血液検査。
妊娠10週以降に受けることができる。
費用は約20万円
採血した血液はアメリカの検査会社に輸送され、遺伝子の検査が行なわれる。
結果は2週間後に分かる。

ただ、新型出生前診断で全ての染色体異常が分かるわけではない。
分かるのは人が持つ23組46本のうち、3つ(13番・18番・21番)の染色体異常
ダウン症、心臓の奇形、生後の予後不良

しかし、この検査は確定ではないため、もし「陽性」という結果が出た場合は羊水検査が必要になる。

カウンセリングでは障害に関してのお話も。
染色体異常だけでなく、生後に分かる障害もある。
実際、もし陽性だった場合はどうするか?といった質問。
最後に、新型出生前診断を受けるか受けないかと問われる。

新型出生前診断は血液検査のみで分かる検査。
では、なぜお母さんの血液から赤ちゃんの障害が分かるのでしょうか。
胎児の細胞から作られる胎盤は母親の血液がこの胎盤に接していて、胎児の細胞やDNAが入り込んでくる。
新型出生前診断では母体の血液中に含まれる胎児のDNAを利用し、染色体の異常を見つけるのです。

新型出生前診断が始まってまだ1ヶ月経っていない。
しかし、取材されていた病院では50組のご夫婦が診断に訪れたという。
まだ体外受精もしていない。
まだ妊娠もしていない。
私が考える段階ではないけれど、あのカウンセリングを受ける日が来るのかな。
あの血液検査を受ける日が来るのかな。
もし妊娠できたなら…本当に必要な検査かどうか、考えなくてはいけない。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 命の選別 着床前診断
⇒ 産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~
⇒ ダウン症が血液検査で分かる新型出生前診断、実施へ
⇒ 今夜、再放送「出生前診断 そのとき夫婦は」
⇒ 新型出生前診断の今
⇒ 新型出生前診断は進まない
⇒ 新型出生前診断の指針、やっと発表
⇒ 新型出生前診断の実施病院
⇒ 新型出生前診断、実施 15の病院で始まる


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア