仕事とお金と不妊治療 

不妊治療にはお金がかかる。
不妊治療には時間もかかる。
不妊治療は来院予測しにくく仕事を休むのが難しい。
治療と仕事の両立は大変。

結婚と同時に主人の転勤で関東へお引越ししたのが2年半程前のこと。
さすがに通勤出来ないため、14年間勤務した会社を退職。
その時「今後は正社員…難しいだろうな」とちょっと寂しくなった。
後任者は30代の女性。
そして、2年半経った今。
その彼女が辞めたいと言い出し、私に「復帰しないか?」と電話がかかってきた。
仕事復帰といっても、関東と関西…移動に5時間はかかる距離。

社長の案はこうだ。
ネット環境さえあれば、殆どの業務はメールでやり取りが出来る。
月2回(月末月初と、15日前後それぞれに3~4日程度)出勤し、社内でしか出来ない仕事をして帰る。
神戸に戻ったら通常勤務すればいい、それまでは長距離を行き来して何とか仕事を回してくれ!

とんでもない計画に呆気にとられる私。
いつ戻るかも分からないのに…すんごいこと思いつくもんだ。

結婚して引っ越した先はかなり田舎。
田んぼと畑ばかり、駅前にはコンビニもない。
不妊治療を優先し、今はパートだけ。
でも、不妊治療費は高額。
助成金も今後は望めない。
喉から手が出るほど欲しい仕事とお給料。

けれど、私は不妊治療中。
治療の流れ次第では会社に出勤することは出来ない。
そんな無責任なことは出来るはずもない。
ただ、もしも神戸で着床前診断を受けることになれば、これは絶好のチャンス?!
いやいや、そんな虫のいい話はない。
仕事量や移動、治療のタイミングなど考えると無理だ。
主人も当然反対。
結果、嬉しいお誘いだけれど、お断りすることに。

それにしても…
退職して2年半も経っているのに、私を頼りにして下さったことはとても嬉しい。
もしも、ご縁があるのなら、いつかまたお仕事を一緒させて頂きたい。
とはいえ「子供がいない」からこその復帰依頼だったように思う。
きっと、私に子供がいたら、声はかからなかったはず。
子供ができない、そう思われているんだろうな。
神戸に戻るであろう数年後、どんな生活をしているだろう。
家族3人になっているといいな♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ KLC初診で凹みまくり
⇒ 嬉しいような、悲しいような
⇒ 最後にしたいと思っているなら

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア