募る不妊専門クリニックへの不信感 

2度目の流産から4ヶ月が経過。
やっと体外受精(5度目)に進むことが出来まる!♪
久々の病院です。来院のタイミングを聞くために電話をしました。
診察券番号のほか、ピロリ菌除菌が終わったこと、凍結胚移植を予定していることを告げ、生理何日目に行くべきなのか?と。
すると、お調べしますと電話は保留に。
「次回、凍結胚移植のプランニングになりますね。
 生理2-3日目に来院ください」
とのこと。

そしてやってきた生理3日目。
流産手術後、久々の診察です。
しかし…受付の方は首を捻りました。
「今日は凍結胚移植のプランニングですか?
 領収書に書かれた予定は今日になっていましたか?」


通常、この病院では領収書に次回の予定が記載されています。
しかし、前回の領収書は「ピロリ菌除菌」で止まっていました。

「領収書に記載がなかったので、先日電話でお聞きしたところ、
 生理2日目か、3日目に来て下さいと言われました」

「確認しますのでお待ちください」と、受付の方は先生に聞きに行ったようです。
何だか、嫌な予感…
受付の方は戻って来ると「診察がありますので、お待ち下さい」と。

なーんだ、良かった。ちゃんと診察があって。
また前みたいに間違われたのかと思っちゃったよ~
  (⇒ ま、まちがい?!

しかーし!! 喜んだのも束の間…
呼ばれたのは内診室ではなく、診察室。
しかも、先生の姿がありません。
そこに居たのは受付の方でもなく、看護師さんでもない。
制服を着ていたので、医療事務の方でしょうか。
「凍結胚移植プランニングですね。
 次回、来院いただくのは排卵日頃の生理14日から16日ごろです」
と。

何? これって… またしても広がるイヤ~な予感。
「もしかして、今日は来なくても良かったのではないですか?」

バツ悪そうに愛想笑いしながら放たれた言葉は…
「え、、、まぁ・・・・そういうことになりますね。
 今日はこれで結構ですので、排卵日ごろにいらしてください。
 会計に寄る必要はありません。このままお帰り頂いて結構です」


「今日の会計は無しですか?」

「はい…」

「要するに、また間違いだったということですか?」

「えっと、ま、そうですね」

何だこれ…
間違っていたと分かった時点で言うべき「申し訳ございません」の言葉がない。
しかも、こちらから指摘しなければ、ミスを流してしまおうという態度に憤りを感じる。
あたかも間違いではなかったかのように、診察室にまで呼んで…
誰にだってミスはある。
電話で間違いを伝えた人は貴方ではないかもしれない。
それでも病院側のミスとして、ひと言あってもいいのではないか。
時間を割き、交通費を出し、指示通りにやってきているのに。

単純なミスであっても、2度も続くと不信感が募る。
私が知らない内側で、他にもミスがあるのではないかと勘ぐってしまう。
妊娠した実績はあるものの、病院の超スローな治療にもイライラ感がある。

以前から転院は考えていたものの、凍結胚が残っている。
しかも、脱出胚盤胞まで育っている。
妊娠の可能性が高いだけに、やっぱり置き去りに出来ない…
もしも、もしも…次の凍結胚移植がダメだったら、この病院は今回で最後にしよう。
そう決めました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 初の凍結胚移植へ(体外受精4度目!)
⇒ 1つ移植の理由は完全脱出胚盤胞
⇒ 妊娠7週目 心拍確認と来週卒業
⇒ 卒業するはずだった日の長い長い1日 ~2度目の稽留流産~
⇒ 私、何でこんなとこにいるだろ
⇒ ピロリ菌…原因はあなただったの?!
⇒ ピロリ菌の検査結果と除菌費用
⇒ 不育症の検査を受けてみた
⇒ 不育症検査結果「原因は、年齢」

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア