とうとう43歳。これからの不妊治療は… 

先日、とうとう43歳の誕生日を迎えました。
不妊治療をはじめてもうすぐで丸2年。
妊娠はしても、流産の繰り返し。
夫婦二人で今後の不妊治療を話し合いました。
43歳という年齢。卵子の老化。不育症の疑い。転院するか。等々…

f234.gif

43歳の誕生日は主人が出張のため、家には私ひとり。
夜、スカイプ越しにケーキを食べながら二人でお祝い♪
不妊治療を始めた時、頑張れるのは1年くらいなものだろうと思っていた。
それがもうすぐ丸2年。
41歳だった私はとうとう43歳に。

41歳ではじめて不妊治療専門の病院を訪ねた時、先生は言いました。
「41歳なら、まだ大丈夫ですよ」と。
でも、現在…
「もう時間がないですね」に変わってしまいました。

現時点で考えていることはいっぱある。

不育症検査を受けるかどうか。
検査をしても分からないことが多い。
検査費用が高い。
検査結果に時間がかかる。

今のままの病院で頑張るか。
妊娠した実績があり、期待はできる。
ただ、治療のスピードが遅いのが難点。
また卵子の質を改善しましょうと言われそうな気がする。

ちょっと遠いけど、最後の砦へ行ってみるか。
日本一の実績をもつKLC。
培養技術が高いことが魅力。
でも、この年で自然周期で採卵が可能なのか不安。

高額だけど、着床前診断を考えるか。
既におすすめ出来ないと言われてしまっている。
でも、7ヶ月半後のカウンセリングは予約済み。
正常卵子を求めて神戸まで通うか。

さて、どうするか。
流産手術後の今、生理待ちの状態。
不妊治療についての夫婦議論は続く。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 妊娠判定2回目は…号泣
⇒ 体外受精3度目の妊娠判定
⇒ 妊娠7週目 心拍確認と来週卒業
⇒ 卒業するはずだった日の長い長い1日 ~2度目の稽留流産~
⇒ 先生から「着床前診断」のすすめ
⇒ 高齢出産 50代出産は51万人に8人
⇒ 命の選別 着床前診断
⇒ 産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~
⇒ 新型出生前診断の実施病院


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア