不妊治療助成金の申請 

不妊治療助成金の申請
不妊治療で大変なのは治療の痛みや、妊娠できない精神的な苦痛だけではありません。
大きくのしかかる不妊治療費です。
とにかく、不妊治療にはお金がかかります。
不妊治療の際にかかる費用で驚くのは検査代。どれも高額です。
そして、人工授精。
さらに、体外受精ともなれば、移植の費用だけでなく、それまでにかかる薬・注射・エコー代など、どれも高額です。
それは、残念ながら今の日本では、不妊治療費の一部は保険適用外だからです。
高度生殖医療といわれる人工授精体外受精がそれにあたります。
もちろん、顕微授精もです。
少子化の論議をしているのなら、不妊治療費を保険適用にしてほしい!と願います。
実際、高額な不妊治療費が原因で子供を諦めるカップルもいます。
一度の体外受精で50万円だとしても、妊娠はせず2度、3度、4度と繰り返すと経済的負担は大きくなります。
その治療費を少しでも軽くするためにも、不妊治療助成金を申請しましょう。


 不妊治療助成金制度とは
不妊治療の助成金制度とは、特定不妊治療費助成事業といい、2004年に厚生労働省が少子化対策の一環として、2004年に厚生労働省が少子化対策の一環として、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を行なっている夫婦に対し、その費用の一部を助成するものです。

しかし、不妊治療費助成金制度の実施方法は、各自治体に任されており、自治体毎に不妊治療費の助成金の受給条件が異なっています。

対象要件や助成金申請方法、助成金額など各自治体によって様々
指定外の病院でなければ申請できなかったり、申請期間が設けられていたり、所得制限があったりします。
不妊治療を受ける場合は、事前に、お住まいの各自治体に確認しておきましょう。

助成金制度は各都道府県にあり、だいたい1回につき10万〜20万円までの支給としているところが多いようです。
また、市町村で助成金制度を定めている地域もあり、特色あるものも存在します。


 不妊治療助成金の申請について
対象要件や助成金申請方法、助成金額など各自治体によって様々ですが、必要な書類は基本として以下のようなものになっています。

1.不妊治療費助成金申請書
  各自治体ごとに発行しています。ホームページ上から印刷できるものをあります。
  各自治体ごとに申請書は違います。
  必ずお住まいの自治体の申請書を用意しましょう。
  住所や氏名の他、過去に助成金を申請したことがあるかなど。
  また、助成金の振込先口座などを記載するようになっています。

2.不妊治療実施証明書
  各自治体ごとに発行しています。ホームページ上から印刷できるものをあります。
  不妊治療終了後、不妊治療実施証明書には医療機関の担当医師により治療内容、
  領収金額等についての証明を受けてください。
  不妊治療実施証明書の発行には料金がかかります。
  また、発行に時間がかかる場合があります。
  申請の期間が決まっていますので、あらかじめ考慮した上で手続きを行いましょう。

3.医療機関発行の領収書
  不妊治療にかかった医療機関発行の領収書は添付しなければなりません。
  絶対、破棄せずしっかり保管しておきましょう。
  また、不妊治療にかかった領収書もそれ以外の領収書も、確定申告の医療費控除
  で使えますので、必ず保管しておきましょう。

4.住民票
  続柄で夫婦であることがわかるもの
  発行から3ヶ月以内のものであることなどのような要件がある場合もあります。

5.夫及び妻の所得証明書
  所得制限が夫婦合算で730万円未満としている自治体が多いようです。
  中には所得制限の無い自治体もあります。
  
  所得額って分かりにくいんです。
  計算方法は以下の通りです。
  
所得額=収入金額から税法上の必要経費を引いた額−8万円−控除額の合計

   収入金額から税法上の必要経費を引いた額とは。
     ・源泉徴収票でいうと、「給与所得控除後の金額」
     ・確定申告Aでいうと、「第一表の所得金額の合計金額」
     ・確定申告Bでいうと、「第一表の所得金額の合計金額+第三表の所得金額から
      株式等の譲渡を除いた金額」
     ・市民税・県民税課税証明書等でいうと、「総所得金額」

自治体により申請方法や内容は異なりますが、対象の方は確認をし、ぜひ申請してください。
多少、手間はかかりますが、少しでも経済的負担が軽くなれば、心の負担も軽くなるはずです。
私も不妊治療助成金の申請をしました
提出書類の作成には時間はかかりませんが、やはり病院にお願いする不妊治療実施証明書は10日ほど待ちました。
しかし、自治体へ不妊治療助成金を申請してからは意外と早く助成金の振込みがありましたよ

 関連記事 
⇒ 不妊治療助成を行う都道府県の問い合わせ先
⇒ はじめての不妊治療助成金申請
⇒ 不妊治療助成金が振り込まれる♪
⇒ 確定申告で医療費控除をしよう

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア