卒業するはずだった日の長い長い1日 ~2度目の稽留流産~ 

不妊治療クリニック卒業だ!と喜び病院に向かった先週のこと。
受付で「本日、紹介状をお渡ししますから」と言われ、いよいよ卒業なんだ!と喜びが湧き上がってきました。
体外受精4度目の挑戦で、順調に迎えた妊娠8週目。
先週に心拍確認され、いよいよ卒業、転院先の病院も決めていました。

やっと不妊クリニック卒業かと思うと、長い待ち時間も苦になりません。
私の番がやってきて、内診室へ。
これまでの体外受精後では不安だった内診。
ですが、今回は順調・順調で、1度も不安もなく、安心していました。

「前回、心拍が確認できて、今日で8週目!卒業ですね!」
先生の声は今日も温かく感じます。

しかし、内診が始まり、空気は一転。
先生の声は曇り始めました。
「んーーーーーー」

モニターを見ると、先週とは明らかに違うことが分かり、手が震えだしました。

「残念な事を伝えなければなりません。
 先週、見えた心拍が見えなくなってしまいました。
 稽留流産してしまっています
 心拍確認されてからの流産は比較的少ないんですが、
 こういうことって稀にあるんですねよ」


思いがけない稽留流産という言葉。
私、また稽留流産したんだ。
あまりのショックに脳が処理しきれていないのか、何の感情もわいてこない。
ただ、先生の話を他人事のように聞いていました。

「8週目だと流産の確率は3%~5%。
 9週目で2%~3%。
 10週目になると1%程度と低いんですよ」


たった数%に私、また入ったってこと?
稽留流産はこれで2度目。
2度とも心拍確認後の流産

内診が終わり、待合室へ。
前回、稽留流産した時は、内診の時も診察が終わっても涙が止まらなかったのに。
なのに、何故か涙が出ない。
稽留流産したって、たった今言われたのに、涙が出てこない。
ただ、手だけは震えたまま。

稽留流産の手術説明のため、看護師さんに呼ばれ、診察室へ。
手術の予定表はびっしりと埋まっており、11日先までいっぱい。
唯一、翌日の午前8時なら空いているというのです。
あまり遅いのはすすめられません、早い方がいいですからと言われ、稽留流産の手術が翌日に決定
となると、流産手術の前処理であるラミセル挿入は前日の今日。
結局、夕方にラミセルを挿入することになり、一旦、病院を離れることに。

一旦、病院を出たのは13時。
すぐに、主人へ電話を入れました。
遅い連絡は不妊治療クリニック卒業のため、色々手続きがあるのだと思っていた主人。
「あのね、赤ちゃん、ダメだった。また、稽留流産しちゃった」
そこまで言った途端、涙が溢れだし、人が行きかう中、座り込み号泣。
もう立つことも出来なくなってしまいました。
電話の向こうで、一生懸命に励ます主人の声。
悲しくて、申し訳なくて「ごめん」を繰り返していました。

今日、卒業するはずだったの。
なのに、稽留流産したって。
しかも、これからラミセルの挿入
明日には流産の手術。
何が起こっているのか、全然分からない。
気持ちが付いていかないのに、私を残してどんどん進んでいってしまう。

その後、ラミセルの挿入まで3時間あまり。
どこを彷徨ったのか、記憶がない。

流産手術の前処理が終了。
渡されたのは、流産手術の同意書だった。
産婦人科の紹介書を貰うはずだったのに、流産手術の同意書に変わってた。
喜びいっぱいだった朝の来院から、8時間で状況は一変。
たった8時間だけど、信じられないくらい長い長い1日だった。

このブログを通し、喜び、応援してくださった皆様へ感謝申し上げます。
今回もこのような結果に終わってしまい、残念でなりません。
何も手につかない日々でしたが、ようやく落ち着き、前を向く決心が出来ました。
また、がんばります!
いつか、諦めなければならない日が来るかもしれません。
でも、今はまだその時ではないと思っています。
また、お付き合いください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 初の凍結胚移植へ(体外受精4度目!)
⇒ 「悪くはない」は、良くもない?
⇒ 1つ移植の理由は完全脱出胚盤胞
⇒ 胚移植後の過ごし方を変えてみる
⇒ 妊娠判定 高hcg値キター♪
⇒ 妊娠5週目 待望の胎嚢
⇒ 妊娠6週目 胎芽確認!
⇒ 妊娠7週目 心拍確認と来週卒業

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア