稽留流産した赤ちゃんのこと 

稽留流産が確定しても、最終的な超音波検査は1週間後。
もしかして、心拍停止しても、また復活するなんてこと…ないか…ないよね。
稽留流産を受け入れられなくて、色んなことを考えてしまいます。
だって、稽留流産は自覚症状が無い
本当に流産したの?って疑いたくなってしまう。

稽留流産の流産手術の説明の時、とても気になったことがありました。
看護士さんのお話。
「妊娠9週目なので、恐らく赤ちゃんが出てくることは
 ないと思います。
 でも、トイレに行く時は注意して見ていてください。
 もしも、赤ちゃんが出てきてしまったら、生理用の
 ナプキンに包んで病院にもってきてください」


「もし、出てきたら、分かりますか?」

「分かりますよ。
 出血とは明らかに違いますから。
 レバーのようにドロっとした感じです。
 中に白っぽいものが見えるはずです」


流産手術で搔き出されるのもショックだけど、赤ちゃんを目の当たりにしちゃうのはもっとショックな気がする。
赤ちゃんの姿、ちゃんと見てあげたいような、見たくないような…
なんだか、怖い。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 妊娠判定1回目 低すぎるhcg値
⇒ 妊娠判定落ち込む私に酷なオメデタメール
⇒ 妊娠判定2回目 まだ胎嚢が見えない…
⇒ 妊娠6週目 待望の胎嚢確認…なのに…
⇒ 妊娠7週目 はじめまして、胎芽ちゃん♪
⇒ 妊娠8週目 心拍確認できたのに、流産宣告
⇒ 心拍確認後の流産の確率
⇒ 妊娠9週目 心拍停止と告げられて
⇒ 神様はいなかった~稽留流産の確定~

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア