妊娠8週目 心拍確認できたのに、流産宣告 

心拍が確認できなかったら、稽留流産の恐れあり…と、先生は先週そうおっしゃっていました。
稽留流産…胎芽が小さい小さいと言われ続け、毎週のように流産を覚悟するように言われ、不安な毎日でした。
妊娠8週目を迎えた今日、心拍はどうなの?! 稽留流産なんて無いよ!絶対、大丈夫!

内診室へ入り、先生が来るのを待ちました。
「えーと、今日で8週目ですね。
 先週はまだ心拍確認できてなかったみたいですね」

内診が始まり、モニターに子宮内が映し出されました。
心拍は???
じっと、モニターを見ていると、なにやら小さい光が点滅しているように見えます。
これって、もしかして…待望の心拍じゃないの?!
でも、先生は無言のままです。
こわーい、沈黙

f195.gif

「うーん。
 これは、心拍………
 で・す・が、かなり弱々しいですね。
 心拍確認できましたけど、恐らく止まってしまうでしょう


え…
心拍停止するって予告しちゃうんですかっ?先生…

かなり弱いですから、稽留流産・・・でしょうね

えぇっ!!
稽留流産するって、今、言い切っちゃうんですかっっ?先生…
あまりのショックに声になりません。
なんで?なんで?心拍ちゃんと確認できたのに?
チカチカって光ってるよ、これ、心臓でしょ…
稽留流産の言葉を聞いて、手が震えました。
ずっと「小さい」「流産」という言葉を聞かされていました。
それでもちゃんとお腹の中にいるのだから、「大丈夫」だと思い込んでいました。

なのに。
心拍が確認されたのに、稽留流産が確定したかのような先生の言葉。

内診が終わり、先生からの説明。
「妊娠8週目ですが、かなり小さいです。
 先週から胎芽の大きさは変わってません。
 本来、8週目なので赤ちゃんの大きさは2cmは
 なければいけないのに、5mmしかありません。
 6週目程度の大きさです。
 残念ですが、このままでは稽留流産してしまうでしょう
 
希望があれば、注射を打ちますが、どうしますか?」

注射は黄体ホルモン剤プロゲデポーです。
流産予防の注射だという話です
しかし、先生の口調では、流産予防の注射をしても、あまり効果がないといった様子でした。
プロゲデポー注射、どうしよう。
迷っていると、看護士さんからもう一度尋ねられました。
「注射、どうされますか?」と。
その言葉を聞くと、なおさら感じました。
“プロゲデポー打っても、流産を阻止することはたぶん出来ない”ってこと。
効果があるなら、注射しますって言うに違いありません。
注射打つのが選択制なんて、可能性ないって言われたのと同じ。
気休めの注射…
“注射打っても、ムダですけどね。それでも打ちますか?
って、言われてるみたい…
でも、でも、何もせずじっと稽留流産するのを待つなんて出来ません!
わずかな希望だとしても!
私は「注射、お願いします」と答えました。
その後、プロゲデポーを右のお尻に注射。
痛い注射でした。
打って暫くしてからもジンジン痛みが続いていました。
4日後に、もう一度プロゲデポーを今度は左のお尻に注射の予定です。

神様、どうか、赤ちゃんを助けてください!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 妊娠判定1回目 低すぎるhcg値
⇒ 妊娠判定落ち込む私に酷なオメデタメール
⇒ 妊娠判定2回目 まだ胎嚢が見えない…
⇒ 妊娠6週目 待望の胎嚢確認…なのに…
⇒ 妊娠7週目 はじめまして、胎芽ちゃん♪

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア