高齢出産 50代出産は51万人に8人 

高齢出産を目指す私たち夫婦にとっては、坂上みきさんの妊娠報道は明るい話題となりました。
53歳で妊娠かぁ♪希望が湧くね!と主人は嬉しそうでした。
日本の初産の平均年齢は昨年とうとう30歳を超え、30.1歳となりました。
初産が30歳になったのですから、高齢出産化しているみたいですね。
10年ほど前は28歳程度、年々少しづつ上がっているそうです。
高齢出産は35歳以上と言われていますね。
初産だけでなく、第2子、第3子の出産をする年齢もどんどん上がってきています。
タレントさんの出産の話題を聞いていると、40歳を超えて出産も珍しくはなくなりました。
しかし、高齢出産が増えているとはいえ、50代での出産となると話は別です。
その中でも50歳を超えて第一子を出産した数はわずか。

  f153.gif

51万人のうち、8人ですよ。(これは一昨年の厚生省調べです)
たった8人なのか、8人もいらっしゃる!なのか…
50代で授かり、出産するということは本当に稀なことなのだそうです。
初婚の年齢が上がり、初産の年齢が上がり、不妊治療の話題を耳にすると、私だって頑張れば何とかなる!
そんな気にさせてくれます。
しかし、高齢出産にはリスクがつきもの。
不妊治療で高齢出産する人が増えたとしても、まだまだ全体的な人数からすると極僅か。
今日のスッキリを見ていたら、ちょっとショックなアンケート結果が流れていました。
自然妊娠で出産した人の最高年齢は平均44.1歳
44歳で自然妊娠なんて、羨ましい話です。素敵ですね。 
 不妊治療を行なって出産した人の最高年齢は平均43.8歳
(これはスッキリが病院や助産院にアンケートを行なった結果です)
  f154.gif
私は今現在、42歳。
次の体外受精で授かったとして、出産時は43歳になります。
もっと時間がかかれば、44歳、45歳…
ということは、最高年齢ということになりますね。
最高年齢か…
自分が年をとっていることは分かってはいましたが、数字で突きつけられると驚きますね。
結婚した年齢が41歳で超晩婚なので、不妊治療デビューも41歳。
はじめての体外受精は化学的流産で涙。
2度目の体外受精は着床のみでまた涙
3度目、凍結胚移植は胚が崩壊して再び涙。
次こそは!頑張るのみ。
現在、3度目の体外受精へ向けて卵子の質改善に取り組んでいます。
卵子の若返りサイゼンを注射
さらに、卵子のプラセンタ療法中
本当に赤ちゃんを授かることが出来るのか不安。
もし、授かったとしても、ダウン症などのリスクもあります。
高齢出産が増えたとはいえ、まだまだ少数派であることに違いはありません。
でも、夫婦揃って頑張ると決めています。
出来る限りのことはやる!不安や迷いは消えないけれど、病院の出産
最高年齢になってやろうじゃないか!!って気になりました
坂上みきさん、勇気をありがとうございます♪
元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ はじめての体外受精
⇒ 妊娠判定2回目は…号泣
⇒ 2度目の胚移植
⇒ 涙の妊娠判定日、再び
⇒ 命の選別 着床前診断
⇒ 産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~
⇒ 卵子の若返り注射
⇒ 卵子の老化 研究の最前線


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア