産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~ 

産みたいのに産めない 卵子老化の衝撃
先日放送されたNHKスペシャルの番組です。
反響が大きかったのか、再放送もありました。
高齢出産されたという話題を聞くたび、高齢だって妊娠・出産は可能なんだと以前は感じていました。
しかし、高齢で妊娠できる割合はごくごくわずか。
卵子が老化するという事実を知らない人にとっては、この番組の内容は確かに衝撃です。
しかし、こういった番組を見て、卵子が老化することを知りえたのは良いことではないでしょうか。
私は41歳で不妊治療をはじめるまで、卵子老化の事実を知りませんでしたから。
少しでも早く知っていれば…と思うのです。
といっても、結婚が遅かったのですから、知っていてもどうしようも無かったでしょうが。
でも、卵子が老化すると知っていれば、もっと焦っていたかもしれません。
結婚を先延ばしにすることはなかったかもしれません。

NHKスペシャル 産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~の放送は終了しています。
 しかし、2012年2月14日放送のクローズアップ現代「産みたいのに産めない 卵子の衝撃」はNHKのホームページから視聴することが出来ます。
見逃した方はこちらから放送内容をテキストと動画でご覧いただけます。

結婚年齢が晩婚化している。
出産の年齢が高齢化している。
それでも、ある程度の年齢までなら、高齢でも出産が可能。
あの女優さんも高齢出産、あのタレントさんも高齢出産。
メディアから入る情報から、高齢でも出産は大丈夫だと思いがちです。
私も40代で高齢出産している人がたくさんいるのだからきっと大丈夫だと思っていました。

しかし…
私は最初の体外受精で妊娠反応がありましたが、その後、化学的流産
2度目の体外受精では着床しただけで、終わってしまいました
3度目を目指し、凍結胚に期待しましたが、融解したときに胚は崩壊
体外受精をしても卵子が育たないのです。
これは卵子が老化しているから…だといえます。
番組で紹介されていました。
不妊治療(体外受精)をした人のうち、子供が生まれた割合
35歳で16.8%
40歳では8.1%

厳しい現実です。
不妊治療をして、この数字です。

もっと早く結婚してれば、もっと早く子供が欲しいと思っていれば…
いまさら後悔しても遅いのですが、今出来ることはやりたいと思っています。
もしかしたら、このまま体外受精を続けても妊娠できないかもしれない。
それでも、後悔だけはしたくありません。
やれるだけのことはやった、そう思うまでは出来る限りの努力をしたいと思っています。

 関連記事 
⇒ 卵子の老化
⇒ 卵子の老化 研究の最前線
⇒ 卵子の老化を防ぐ
⇒ 妊娠力に抗酸化物質を!
⇒ 玄米パワーで卵子の老化を防ぐ
⇒ ミトコンドリアと卵子の質
⇒ ミトコンドリアを増やしてみよう
⇒ ミトコンドリアの機能
⇒ ミトコンドリアの量と質
⇒ ミトコンドリアの増やし方

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア