どこまで頑張れるか 

2度目の体外受精でも妊娠は出来なかった
期待していた凍結胚は融解時に崩壊。かなり落ち込みました。
次の体外受精まで2ヶ月はもう一度、体を見直し、卵子の状態を良くしていきましょうと先生に言われました。
本当は、すぐにでも次の体外受精に進みたいのです。
しかし、先生はダメだとおっしゃるのです
「サイゼンは高い注射ですが、40代の方のは特に効果があると思います。2ヶ月ほど頑張ってみましょう」と。
思わず、私は「2ヶ月もですか?!」と言っていました。
「42歳という年齢ですし、時間がありません。
 個人差はありますが、サイゼンは卵子の数が劇的に増えるという実績があります」


サイゼンは人間成長ホルモン、若返りの注射だそうです
f150.gif
2ヶ月もまた何も出来ないという焦り
サイゼンという注射は高額。
しかも、サイゼンを注射しても、全員が効果があるとは限らない
先生のお話を聞きながら、またクラクラしてきました。
本当に、赤ちゃんを授かることが出来るのだろうかという不安が一気にわきあがり、怖くなってきました。
1年前、病院に初めてきたときに先生はおっしゃいました。
「まだ41歳ですから、大丈夫ですよ」と。
それが、1年経った今は…
「時間がありません」に変わってしまった。

サイゼンは1週間に1度、注射をし、それを2ヶ月続けるそうです。
サイゼンの値段は1本、1万円!
2ヶ月続けるということは、8~10万円。
注射だけで、そんなに時間とお金を費やして結果が出るのだろうか。
先生は卵子が若返るというけれど、信じていいのか悩んでしまう。
本当に、サイゼンで卵子が若返るのだろうか
本当にいいのだろうか。
高くても、効果があるものなら、今までどうしてサイゼンを注射しなかったのだろうか。
食事やサプリメントで結果が出なかったからの、最終手段なのだろうか。
言いようのない不安で押しつぶされそうです。

自宅に戻り、主人に今日のことを報告。
「えぇ! 2ヶ月も先?」
主人も私と同じです。
すぐに次の体外受精をして欲しいと望んでいます。
正直なところ、お金なんてありません。
40代だからといって、年とってるからといって、お金があるわけではありません。
どこまで、自分たちが頑張れるか…
お金だけじゃなく、精神的にどこまで頑張れるか…
いつか、絶対に我が子を抱く日まで、やっぱり諦めたくない。

⇒ 2度目の体外受精TOPへ戻る

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ はじめての体外受精
⇒ 2度目の胚移植
⇒ 涙の妊娠判定日、再び
⇒ 卵子の老化を防ぐ
⇒ 妊娠力に抗酸化物質を!
⇒ 玄米パワーで卵子の老化を防ぐ
⇒ ミトコンドリアと卵子の質
⇒ ミトコンドリアを増やしてみよう
⇒ 卵子の老化
⇒ ミトコンドリアの機能
⇒ ミトコンドリアの量と質
⇒ ミトコンドリアの増やし方

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
不妊治療3年半、45歳で女児を出産。何度も何度も諦めようかと悩みながらも頑張って良かったと思っています。初めての子育て、高齢ママには体力的には厳しいですが、楽しい毎日を送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア