子宝を授けるビタミンE 

ビタミンEは子宝を授ける抗不妊ビタミン!
ビタミンEは強い抗酸化作用をもっています。
「万病のもと」活性酸素を撃退する現代人必須のスーパービタミンです。
ビタミンEが不足すると不妊症になるといわれています。
ビタミンEは女性ホルモンや男性ホルモンといった生殖ホルモンの作用を助けます
積極的に摂取すると女性の妊娠率が上がるといわれています。
脳の下垂体に働きかけて女性ホルモンを分泌させるビタミンE。
不妊症の改善だけでなく、月経前症候群や生理痛など、女性特有の体の悩みに効果があります。
毎日の食べ物で摂取できないときはサプリメントも有効です。

 ビタミンEを多く含む食品
ビタミンEを多く含む代表的な食品は、アーモンド・ヘーゼルナッツ・らっかせい・小麦胚芽・かぼちゃ・ほうれん草・サラダ油・ひまわり油・真いわし・すじこ・マヨネーズ・ポップコーン・ポテトチップスなど。

ビタミンEは抗酸化作用が強いため、食品や化粧品の酸化防止剤として使用されています。
そのため、ポップコーンやポテトチップスなどのスナック菓子類には油分の酸化を防ぐ大量のビタミンEが天下されているのです。
ただ、スナック菓子には添加されているビタミンEは時間とともに減少し、塩分や脂質も多く含まれているので、たくさん食べるのはおススメではありません。

f100.jpg


ビタミンEの機能
ビタミンEは体の酸化を止めて、「老い」を防ぐといわれています。
老化防止のために、積極的に摂っていきましょう。

ビタミンEは活性酸素を攻撃して、細胞を酸化から守るのです。
ビタミンCと協力して、細胞を酸化しようとする活性酸素を撃退するために働き、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化を予防してくれます。
ビタミンEが不足すると、体内の過酸化脂質が増え、血管が細くなってしまいます。
血流が悪くなり、動脈硬化となり、脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされます。

 ビタミンEは女性のビタミン
1)不妊症
  ビタミンEには、女性ホルモンの作用を助ける働きがあり、不妊症の改善に効果があります。
  また、生理不順や生理痛をやわらげる機能もあります。
2)冷え性
  冷え性の原因は、血液の流れが滞って体の末端まで血液が届かなくなることです。
  ビタミンEは血管を広げて、血流を良くし、冷え性の改善に効果があります。
3)老人性シミ
  老人性のシミは皮膚の細胞が活性酸素によって酸化されることが原因です。
  ビタミンEは肌の新陳代謝を活発にし、シミの色素の除去に役立ちます。

妊娠しやすい体作りのためには、ビタミンEを積極的に摂取しましょう。
体の酸化を止め、老いを防ぐというビタミンE。
卵子や卵巣の老いも止めてしまいたいですよね。
妊娠したいからこそ、積極的に栄養のことを考えましょう。

 関連記事 
⇒ 葉酸は妊娠したいを応援してくれる
⇒ 不妊と妊娠とビタミンA
⇒ 不妊に良い栄養素ビタミンE
⇒ サプリメントの不安点

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア