不妊に良い栄養素ビタミンE 

ビタミンEは不妊治療に利用される栄養素
ビタミンEは不妊に効果があるといわれる栄養素です。
元々、動物の不妊を防ぎ、受胎率を高めるための栄養素として小麦胚芽油から抽出さました。
ねずみの実験でビタミンEが欠乏すると不妊症になるということで発見されたビタミンなのです。
このことから、ビタミンEは不妊治療に効果がある。
ビタミンEが不足すると不妊症になりやすい
といわれています。
ビタミンEは、ホルモンバランスをコントロールし、代謝を活性化し、生殖機能を活発にする働きが期待されており、女性だけでなく男性の不妊治療にも効果的といわれています。
ビタミンEは本来植物油の中に豊富に含まれているはずのビタミンですが、現在の食用油の精製加工の過程でほとんどが失われています。
ビタミンEは脂溶性のビタミンなのですが、他の脂溶性ビタミンのように体内には蓄積されません。
しかし、必要以上に摂ることは避けるべきです。
ビタミンEはサプリメントだけでなく、食事からも摂取することが出来ます。
f096.gif
ビタミンEは、もともと卵巣に存在しており、不足すると卵巣機能を低下させるともいわれています。
また、ビタミンEは体内で作られる黄体ホルモンの原料となり、ホルモンのバランスが崩れて起こる生理不順の改善に役立ちます。
不妊治療の際に排卵誘発剤とビタミンEを併用すると、妊娠率が上がるなどの報告もあるそうです。
胎盤の中の特別タンパク質の生成にビタミンEが寄与し、妊娠力を向上させていると考えられています。
また、男性もビタミンEの投与により、精子の数の増加、精力減退防止などに効能があるといわれています。
ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると効率よく吸収され、逆に鉄分と摂ると効果が弱まります。

 関連記事 
⇒ サプリメントの不安点
⇒ 不妊と妊娠とビタミンA
⇒ 葉酸は妊娠したいを応援してくれる
⇒ 妊娠しやすい食事とは
⇒ 妊娠しやすい体をつくる
⇒ 毛髪ミネラル検査って何?
⇒ 男性不妊のためのサプリメント

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア