玄米パワーで卵子の老化を防ぐ 

妊娠するためにはたっぷりと栄養を摂ること!です。
先生から玄米食を進められました。
玄米は白米に比べるとビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富♪
玄米に細胞活性化パワーがあるので、体内細胞の活性化し、体が若返る といわれています。
そのため卵子も若返り、卵子の老化予防にもなる!と考えられます。
しかし、玄米は食べにくそうで苦手…という方も多いと思います。
     f064.gif
玄米は白米より硬いのが特徴。
プチプチとした食感がします。
硬くてプチプチしているため、租借回数(噛む回数)が増えます
そのため、ゆっくり食べることにも繋がります。
栄養面だけでなく、ダイエットにも良いといわれるのがその点ではないでしょうか。
噛む回数が増えることでゆっくり飲み込むことができます。
したがって、満腹中枢が刺激され、食べる量が減るのでしょう。

私は子供の頃から玄米食なので、苦手意識はありません。
母がちょっとした健康ヲタクだったのです。
しかし、玄米がはじめてだという方も、炊飯の方法で味はかなり変わってくると思います。
玄米の固さは圧力鍋で炊くことで、柔らかくて粘り気のある日本人好みの食感に近づきます。
また、炊飯の前に水に漬けて玄米に水分を吸わせておけば、柔らかくもっと食べやすくなります。
ただ、体に良い、健康に良い、卵子の老化防止になると聞いても、玄米はちょっと…という方もいらっしゃるでしょう
そんな玄米が苦手という方も、白米との栄養成分の違いを見てみてください。
一度、玄米食にチャレンジしてみたくなるのではないでしょうか。
もちろん、玄米食でなくても、その分のビタミンや食物繊維を別の食品で摂取できれば問題はないと思います。
しかし、せっかくの栄養を取り除いた白米をわざわざ食べるのであれば、玄米も良いのでは?とも思います。
また、玄米には強力な解毒作用があります。
解毒作用=デトックスですね。
デトックスは、体の中の有害物質を体の外へ排出してくれる働きのこと。
玄米はたっぷりの栄養だけでなく解毒作用も兼ね備えた食品なんですよ。
 f066.gif

⇒ 妊娠力に抗酸化物質を!

 関連記事 
⇒ 卵子の老化を防ぐ!
⇒ 玄米で卵子・卵巣の若返り
⇒ 毛髪ミネラル検査を受けてみました
⇒ 衝撃のミネラル年齢
⇒ 私の中の有害物質たち
⇒ 卵子の質を改善するための治験スタート
⇒ 発芽玄米の作り方

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア