三白の害 「白砂糖」 

不妊原因の大きな1つと言えるが食生活です。
何が不妊の原因になっているか分からない方も多くいます。
そういった場合、食生活を考えてみてください。
妊娠しにくい体を作っているのは自分自身かもしれません。
三白の害…をご存知でしょうか?
今の日本では、「白砂糖・白米・精製した白い塩」が主に使われています。

白砂糖・白米・白い塩の共通点はみな精製してあることです。
しかし、これらには体が必要としている大事なミネラルなどの栄養分が取り除かれています

三白の害とは食物において白いものは体に害を及ぼす
という意味だそうです。
自然界において白い食べ物というのはあまりなく、ほとんどが色がついています。
要するに、白というのは何かしら人の手が加わったものを意味しているということです。

f082.gif
普段何気なく食べているものです。
気にしたことはありますか?
私が通院していた病院の先生から言われたことがあります。

 「砂糖は毒だと思いなさい!」 と。

妊娠できない原因が甘いものにあるとは言い切れません。
しかし、砂糖はカルシウムの吸収を妨げ、せっかくの栄養素を排除してしまっているのです。
卵子の質をよくするためにも、栄養はしっかり摂らなければなりません。
しかし、少しならいいか…と口にしたものがせっかくの栄養素をダメにしているかもしれないのです。

私も確かに甘いものは好きです。
でも、頻繁にケーキやチョコレートを食べていたわけではありませんでした。
それでも、血液検査の結果は糖分はもう少し控えた方がいいとのこと。
料理に使っている砂糖も気になります。
それはカロリーだけの問題ではありません。
もちろん、私たちの体に糖質は必要です。
ですが、糖分の摂りすぎはいけません。
白砂糖を多く取れば取るだけビタミンB1、B2、カルシウムが欠乏してしまいます。
B1、B2、カルシウムの欠乏は精神、神経にまで悪影響を及ぼしてしまい、いわるゆる「キレやすい」性格を作る原因になっているそうです

甘いものは満足度が高く、血液中のブドウ糖、血糖値は急上昇して疲れもとれて気分もよくなる。
しかし、急に血糖値が上がるとそれを下げるためにインスリンが分泌されるため、疲労を感じ、そのためまた甘いものを食べる、という悪循環に陥るのです。
これが「低血糖症候群」です。
脳細胞はブトウ糖しかエネルギーとして使えないので、低血糖は脳の機能を低下させる原因で、イライラやうつ状態を引き起こしてしまいます。
このような状態がいいわけがありませんね。

砂糖はカロリーが高い、太ってしまう…というだけのものではありません。
なるべく、糖分を控えることを心がけましょう。

白砂糖に替わるものとして「はちみつ」「三温糖」がオススメです。
といって、甘いものは基本的におススメは出来ません。
また、安価な白砂糖に比べると、これらはちょっとお高めなのが残念です。



  関連記事  
⇒ 体温を上げるには
⇒ 毛髪ミネラル検査って何?
⇒ 毛髪ミネラル検査を受けてみました
⇒ 衝撃のミネラル年齢
⇒ 私の中の有害物質たち

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア