捨てられないサプリメント 

妊娠14週に入り、いよいよ安定期は目前!

不妊治療中に私が飲んでいたサプリメント等はいっぱいあった。
葉酸、ビタミンE、DHEA、サプレックスαリポ酸など。

主人も色んなものを飲んでいた。
中でも効果あったのがOGハーブ
OGハーブで精子運動率はかなり改善された♪

一番高価なサプリメントだったような気がする。
だから…
必要がなくなった今も処分できずにいる。
OGハーブは牡蠣エキスなので、体には良いもの。
不妊治療を終えたといっても飲んでほしいって思ってた。
でも、主人はもう飲む気はなさそう。
主人にしてみれば、サプリメントというより不妊治療の薬というイメージらしい。
分かるんだけどねぇ、勿体無いな。
新しいOGハーブを買ったところで妊娠したので、ほぼ一瓶残ったまま…
栄養たっぷりなんだから妊婦が飲んでもいいかな?
とも思ったけれど、調べても妊娠中の服用がいいのかどうかが分からない。

赤ちゃんがほしい男性のための牡蠣人参エキスの「OGハーブ」って書かれてる。

“男性のための” かぁ~
これって、女性でもいいんじゃないのかな~
たっぷり残ったままの瓶を見ては、捨てるの勿体無く思ってしまう。
いくらだったかな? 確か、14000円くらいしたんじゃないかな。




これまで高額な不妊治療費を払ってきたし、色んなサプリメントも試してきた。
怖いから総額なんて計算したくもない。
けれど今、たった一瓶が勿体無いって思ってしまう。

今思えば、不妊治療中の金銭感覚っておかしかった・・・
とんでもなかったな。
毎回毎回支払う金額はいつも高額。
それでも子供を願っていた。
いっぱい節約して、色んなサプリメントを試したりしてた。
そう、いつも治療が最優先。
妊娠した今、振り返っていること、何とも言えない感覚がある。
これからは産まれてくる子供のためにももっと頑張って節約しなきゃ!

OGハーブの瓶を手にとると、ちょっぴり感慨深い。
がんばった証のように思えてきた。
精子運動率がアップして二人で喜び合った事、忘れない。
結局、OGハーブの瓶は棚の奥にしまってしまった。
きっと消費期限がくるまでこのままだろうな。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村




 関連記事 
⇒ 大谷レディスクリニック卒業
⇒ 妊娠初期、やる気ない病の発症
⇒ いよいよ産婦人科へ
⇒ ついに念願の母子手帳
⇒ 妊娠10週の壁
⇒ 羊水検査、受ける?受けない?
⇒ 妊娠12週 羊水検査と血圧の件
⇒ 妊娠13週 もう妊娠バレた?!
⇒ 初・マタニティショーツ

 

初・マタニティショーツ 


初のマタニティ用品は…

マタニティーショーツ。

と、お揃いのマタニティブラ。


ショーツよりブラが欲しかった。

ブラをしていると胸が苦しい。

つわりはないのに。

気持ち悪いまではいかない。

けど、ちょっとキツいかなって。


ワイヤー入りのブラは無理!


病院から貰った出産準備の冊子に書いてあった。

母乳で育てたい人は、ノーブラが良い♪って

ほんとかな?
締め付けが良くないのかな?
それならユルユルのマタニティブラを買おうってことで。
いつもはMサイズでいいけれど、余裕を持ってLにして良かった。
Mだと絶対きつかった。

しかし・・・よくよく見ると、マタニティショーツってすごいな。
こんなに大きいの?!

初・マタニティショーツ

この股上、あり得ないよー♪
数ヵ月後、これがピッタリになるなんて信じられない♪
ペタンコのお腹にあてながら、数ヶ月後のことを思い嬉しくなった。
これまで全く無縁だったマタニティー用品が手の中にある。
たったそれだけのことなのに嬉しくてたまらない。
こうやって一つ一つ増えていくんだろうな。
次に買うのは何だろう。
そうだ! 安産祈願が近づいている。
ということは、腹帯かな♪


妊娠14週で全くつわり無し。
胎動を感じるのはまだ先らしい。
未だに何の変化も無くて、不安になる。
エコーを見ない限り赤ちゃんがお腹にいることを確かめられないでいる。
次の検診まで長く感じる。
エコー越しに会える赤ちゃんが待ち遠しい。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村




 関連記事 
⇒ 大谷レディスクリニック卒業
⇒ 妊娠初期、やる気ない病の発症
⇒ いよいよ産婦人科へ
⇒ ついに念願の母子手帳
⇒ 妊娠10週の壁
⇒ 羊水検査、受ける?受けない?
⇒ 妊娠12週 羊水検査と血圧の件
⇒ 妊娠13週 もう妊娠バレた?!

 

妊娠13週 もう妊娠バレた?! 

妊娠13週に入り、近所の西松屋にお買い物。
不妊治療中、入れずにいたのがマタニティ&ベビー用品のお店。

妊娠するまで入っちゃいけないような気がしてた。


でも、今では気軽に入れるように♪

だからといって、マタニティ用品は早い。

お腹はまだペタンコ。

未だに全くつわりも無い。

この日買いに来たのはコーヒー。

そう、カフェインレスコーヒー。

コーヒー大好き♪

妊娠中でも一日一杯は飲みたい!



妊娠バレた?!

不妊治療中もカフェインレスコーヒーを飲んでいたけれど、
買っていたのは近所のスーパーだった。
西松屋で買える日が来るなんて感激☆
コーヒーを手にとっていると、すぐ後ろにいた主人が固まってた…

ん? 何? 何?
どうしたん?と聞くと、

「今、会社の人がおった!!」

その方はパートで働いている女性。
娘さんが先日出産したとのこと。
なるほど、娘さんに同行して買い物だったわけか。

でも、私はまだ妊娠13週。
これまでの流産経験もあるし、とてもまだ会社に報告できる段階じゃない。
両親にだってまだ言ってない。
一番に知らせるのは両親でしょ。
会社関係には安定期に入ってからって決めてた。
なのに、バッタリ出会っちゃったなんて・・・
その方は見てはいけないものを見てしまった!!的な表情で後ずさりして去っていったんだとか。

ん~ バレたかな。
いや、完璧にバレたな。
西松屋だもんね、そりゃそう思うよね。
でも、まだ早い!! 13週なんだから。

悩んだ末の言い訳は“従妹の出産祝いを物色しに来た”というもの。
実際に従妹が出産間近だし、ウソじゃないから大丈夫でしょ♪
と楽天的な私とは反対に主人は自信なさげ。
寄りにも寄って噂話好きのパートのおば様に見つかるなんてね。
西松屋に来てベビー用品を手にウキウキしていた主人は…
格好のネタを提供してしまった、乗り切れるか不安だとトーンダウン↓
主人は「安定期までは西松屋やアカチャンホンポには夫婦で入らないでおこう」って。
まぁ、ここまで来たんだから安定期はすぐだよ♪
会社の人にもちゃんと報告できる日も近いはず。
でも、あと少し待って…
もう大丈夫だっていう時がくるまでは。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村




 関連記事 
⇒ 大谷レディスクリニック卒業
⇒ 妊娠初期、やる気ない病の発症
⇒ いよいよ産婦人科へ
⇒ ついに念願の母子手帳
⇒ 妊娠10週の壁
⇒ 羊水検査、受ける?受けない?
⇒ 妊娠12週 羊水検査と血圧の件

 

妊娠12週 羊水検査と血圧の件 

妊娠12週4日。
病院に着いて検尿・体重・血圧。
あれ?!高い!! 131/75の結果に驚いた。
元々血圧は低く、上は100に届かないのが普通だったのに。
頭に妊娠高血圧症候群の文字が浮かんだ…
でも、妊娠20週以降に高血圧になった場合に診断されるって本に書いてあったような気がする。

前回受けた初期検査の内容はこんな感じ。
子宮頸がん検査
感染症の検査 ・梅毒 ・風疹抗体 ・B型肝炎 ・トキソプラズマ抗体 ・C型肝炎 
・HIV ・HTLV-1 ・ABO血液型 ・Rh血液型 ・血算 ・血糖 ・不規則抗体
全て問題はなかった♪

そして、先生はおっしゃった。
「羊水検査、どうされますか?」と。
毎日のように主人と羊水検査について話し合ってきた。
受けた方がいいのかもしれないけれど、まだ迷っている。

出来れば受けたくない。
今日のエコーでも赤ちゃんは元気だった。
手足をバタバタさせているのがハッキリ見えた。
あの姿を見たら受けたくない…そう思った。

でも、一人で決められない。
悩んでいるのを見た先生は結論は今でなくてもいいとおっしゃって下さった。
予約だけしておけばいいって。
キャンセルならいつでも出来ます、当日でもいいんですよと。
そう言われてほっとした。
予約が取れたのは17週目。
1ヶ月以上も先だ。
まだ考える時間がある。
もう少し、もう少し、考えたい。

血圧の件を先生に聞いてみた。

「140以下だから問題ないですよ」

病院まで歩いて来て、すぐに測ると

どうしても高めになってしまうらしい。

リラックスしている時に測るのが一番。

高いものではないので、血圧計を買って

毎日測るようすすめられた。

早速購入したのはオムロンの血圧計

どれも同じようなので、安いものにした。

測れればいいし、オムロンだし。


血圧は食後一時間、毎日同じ時間帯に測るのがベスト♪
妊娠高血圧症候群になりやすい人に当てはまるのは…
・多胎妊娠  ・もともと血圧が高め  ・持病がある
・肥満傾向  ・ヘマクリット値が高い ・高年初産
私は当然ながら高年初産にあたる。

妊娠12週 羊水検査と血圧

妊娠高血圧症候群になってしまうと色んなトラブルの原因になってしまう。
それでなくても高齢初産というだけでハイリスクな私。
気をつけることで回避できるなら毎日血圧を測ろう!
早速スイッチОN!
ウィーーーーーーンと作動音が鳴り、締め付け開始。
徐々に数字が変わって行く。
あれ?? 低いぞ。
いつも通りだ。
やっぱり病院で測ると高めになってしまうのかな?
とはいえ、今までは一度もなかったし…
気になるから毎日測って妊娠高血圧症候群を予防しよう♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村




 関連記事 
⇒ 大谷レディスクリニック卒業
⇒ 妊娠初期、やる気ない病の発症
⇒ いよいよ産婦人科へ
⇒ ついに念願の母子手帳
⇒ 妊娠10週の壁
⇒ 羊水検査、受ける?受けない?

 

羊水検査、受ける?受けない? 

妊婦検診を受けている病院で羊水検査が出来るらしい。
ここでは羊水検査は16週から18週と決まっている。

この子は大丈夫な気がする。

何の根拠も無い思い込み。
大丈夫だと信じたい気持ちと着床前診断“不明”という結果で揺れ動く。

羊水検査の費用はおおよそ10万円。
この病院では1泊2日の入院が必要らしい。
時間をかけ、お金をかけ、そして赤ちゃんに負担をかけてしまう。
それでも受ける必要はあるんだろうか。

ただ、もしも異常があった場合…
私たちはどうするんだろう。

羊水検査を受けることで出産までの長い期間の不安を取り除きたい気持ちがある。
それは検査結果が異常でなかった場合のこと。
でも、もしも受けなければ「もしかしたら」という不安を抱えたままのマタニティ生活になってしまいそう。
不明でなければ、ここまで悩むことはなかっただろうな。
年齢とともに上がる染色体異常率。
45歳では20分の1というすごい数字。
自分だけは大丈夫とは思えない。
だって、着床前診断を何度もした結果、正常卵は僅かだった。
それが分かっているだけに、異常なしとは思い切れないでいる。

主人は羊水検査を受けたことで、もしも流産したら…と考えている。
確かに、流産の確率は0.3%ほどある。
少ないかもしれないけれど、多いようにも感じる。
もしも流産してしまったら、悔やんでも悔やみきれないはず。
そんなリスクを負ってまで羊水検査を受けるか。
主人と二人で毎日のように話しをしているけれど、平行線。

40代の人はみんな悩むんだろうか?
どれくらいの人が羊水検査を受けるんだろうか?
やっぱりこんなに悩むんだろうか?

私はこの子に会いたい。
会いたいよ。

来週の妊婦検診には答えを持っていかなくてはならない。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村




 関連記事 
⇒ 大谷レディスクリニック卒業
⇒ 妊娠初期、やる気ない病の発症
⇒ いよいよ産婦人科へ
⇒ ついに念願の母子手帳
⇒ 妊娠10週の壁

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア