いよいよ最後の採卵 

生理14日目。いよいよ採卵の日がやってきた。
大谷レディスクリニックでの採卵はこれで何度目だ???
転院してもうすでに1年が経過。
不妊治療も長くなってくると、すぐに思い出せなくなってくる。

前日の夜、主人と合流し、二人揃って大谷レディスクリニックのIVFセンタへ。
いつものように検査着に着替え、呼ばれるのを待った。
今回、主人は仕事の関係で先に帰る予定。
なので、この時点で「がんばろう!!」と励ましあって別れた。

いつも思うけれど、検査着に着替えてから待ち時間が長い。
いや、長く感じるだけなのかな。
一人でじっと待っていると今までのことが蘇ってきてしんみり・・・

不妊治療を続けているというだけで、どこか安心感があった。
まだ終わっていない。
続けていれば、いつか赤ちゃんが授かるかもしれないという期待。
だからこそ、終わらせることが怖い。
誰かに最後だと宣告されるのではなく、自分たちで決めた最後。
“これで最後なんだよ、終わりなんだよ”って自分に言い聞かせていた。
決心が鈍らないように…

待つこと30分、最後の採卵へ。

採卵が終わり、目覚めたのは30分後。
お腹は痛くない♪
ま、卵は少ないだろうから、当然かも。
診察に向い、K先生が採卵してくださったのが分かった。

「3個とれました」と、K先生。

3個。
クロミッドだもん、上出来だよね。
順調に胚盤胞に育ってほしいな。

節約のため、この日も夜行バスで帰る予定。
お昼前に病院を出て、すぐにネットカフェに向かった。
採卵後だから、さすがに体がだるい。
夜行バスの時間まで、まだ8時間もある。
長時間ウロウロと歩くのは体に響くので、ネットカフェは重宝する♪
リクライニングチェアを選んで、ゆっくり横になること6時間。
6時間パックで1500円弱。
飲み物は飲み放題だし、個室になってるし、体が休めてちょうど良かった。

その後、夜行バスに揺られて帰宅。
駅前で主人が待っていてくれた♪
「おかえり」と言って荷物を持ってくれる。
これからもこうしていられるなら、子供が出来なかったとしてもきっと幸せだと思う。
帰り道、朝陽に照らされた影が2人並んでる。
できれば、3人の影になったらいいのになって思いながら歩いた。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる
⇒ 生理8日目、大谷レディスクリニックへ
⇒ え~まだ排卵しないで!!
⇒ 生理11日目、LH値下がって一安心
⇒ 最後の採卵が決まった

 

最後の採卵が決まった 

生理12日目。今日も診察前に採血。
この日は朝一、9時の予約。
もし今日に採卵が決定するとしたら、採卵の時間も早くなるだろうと考えてのこと。
朝に採卵が終われば、主人は午後から仕事に戻れるはず。

待つこと一時間程度で診察。
一番大きい卵は22mm。
十分な大きさに育ち、「明後日、採卵」と院長先生はおっしゃった。

予想通り♪

この日は排卵を抑制するガニレストを病院で注射。
そして、今夜にHCG5000を注射。
採卵前日に排卵抑制のための座薬ボルタレンサポを受け取った。
18時と24時の2回分。
LH値が高かったせいだろうなぁ。
この座薬を使うのは初めて。
絶対に忘れないようにしなくちゃ!!排卵したら大変だ!!

2日後に採卵なので、生理14日目か。
今回は偶然にもずっと院長先生に診て頂いた。
せっかくなので、採卵もお願いします!
と言いたいところだけど、そうはいかない。
大谷レディスクリニックでは採卵は担当の先生が行っていない。
採卵が終了後の診察時にどの先生が採卵をしてくださったのかが分かる。

ようやく採卵が決定したので、病院を出てすぐに主人に連絡。
明日の夜には神戸に来る。
早い時間に予約したお陰かな。
思ったとおり、採卵の日は午前8時来院となった。
いよいよ最後の採卵だ。
不妊治療をはじめて3年半。
色々なことがあった。
今回で最後にしようと決めたものの・・・
ダメだったらと考えるとやっぱり怖い。
私は諦められるんだろうか。
悔いはないって、スッキリできるんだろうか。

いや、今さら何言ってるんだ。
最後って決めたんだ。
泣いても笑っても、ラスト1回!
後悔しないよう頑張ろう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる
⇒ 生理8日目、大谷レディスクリニックへ
⇒ え~まだ排卵しないで!!
⇒ 生理11日目、LH値下がって一安心


 

生理11日目、LH値下がって一安心 

生理11日目。この日も診察前に採血。
前日、LH値が高く、排卵が近いことを示していた。
ガニレストを注射したことで、数値は落ち着いてくれたかな?

不安を抱えながら、待つこと1時間。
この日も院長先生の診察。
卵は大きいもので19mmに育ってた♪
気になるLH値は下がり、平均値に戻ってた!
良かった~

それにしても、どうして院長先生は10日目という早い時期にに採血をしてくださったのか。
何で事前にLH値が高くなってると分かったんだろう?
その前は採血はしてなかったのに。
早めにガニレストを注射したお陰で排卵を免れたってことだよね。
院長先生、凄いかも♪

この日もHMG150を注射。
そして、ガニレストも注射。
そういえば、クロミッドでの採卵だったはずなのに。
結局は注射を併用しての誘発となってる。
クロミッドオンリーがいいのか、注射も打つのがいいのか…
何がいいのかは分からないけれど、最後の治療と決めているだけに、これでいいんだろうかと事あるごとに考えてしまう。

卵は19mm程度。
この大きさからすると、明日あたり採卵が決まるかもしれない。
病院を出るときに明日と明後日の予約を入れてみた。
空きがあったのは院長先生だ!
どうやら今回は院長先生とご縁があるみたい。

この日は早く病院を出たので、チェックインまで時間がある。
ホテルに戻ってもパソコンがないので、時間を持て余す。
今回は地元の友達とも連絡は取っていない。
最後って決めたからかな、何となく治療に集中しようって思った。
とはいえ、何時間もブラブラ歩くのは疲れる。
ということで、またも書店で小説を一気読み♪
いつもお世話になっております、ジュンク堂様。
今回は東野圭吾著「祈りの幕が下りる時」を完読。
治療の合間にいったい何冊読んだだろう。

さて、採卵決まるかな。
決まれば、また主人に連絡しなければ!
神戸に来る予定だから。

「最後だから悔いのないようにしたい」

これまでの治療を思い出し、主人も感慨深げだった。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる
⇒ 生理8日目、大谷レディスクリニックへ
⇒ え~まだ排卵しないで!!


 

え~まだ排卵しないで!! 

生理10日目。予約時間より30分ほど前に大谷レディスクリニックに到着。
前回の診察時、次回は採血をするので、少し早めに来るようにと指示があったため。
その時は何も思わなかったけれど、よくよく考えると10日目に採血っておかしくない?
ホルモン値を調べるにしても、ちょっと早い気がする。
なんでだろう?? 気になる!

10分ほどで採血へ。
看護師さんに何のための採血なのか一応聞いてみました。
やはり「排卵が近いか、ホルモン値をみる」もの。
でも、カルテを見た看護師さんは、

「あれ? まだ10日目ね…ちょっと早いかな」とおっしゃった。

やっぱり!! なんで? なんで? なんでーー?


約1時間後、院長先生の診察。
卵は16mm程度。
まだまだ小さい。
にも関わらず、採血の結果、排卵が近いという数値が出たらしい。
採血の結果を見ながら唸る院長先生。

「うーん、今日からガニレストをを打ちましょう」とのこと。

この日もHMG150を注射。
加えて、ガニレストも注射。
注射を打つ際、カルテに黄色い付箋が貼ってあるのが目にとまりました。
じぃーーーっと見てみたものの、何て書いてあるのか解読不明。
気になると聞かずにはいられない。

「すみません。これ、何て書いてあるんですか?」とたずねてみました。

「うーん。先生の字は読みにくくて・・・
 “極めて早くLH上昇”って書いているみたいですね」
と看護師さん。

き、わ、め、て、は、や、く?!

それが付箋でわざわざ貼ってある。
慌てて看護師さんはLHの数値を確認するとおっしゃった。

「10日目にしては、確かに高いですね」

えー、こんなこと今までなかったのに。
急に不安になってきた。
はぁ、だから翌日も診察の前に採血があるのかぁ…納得。
注射でLH値下がってくれるかな~ 下がれ~ 下がっておくれ~
排卵しちゃったら採卵出来ないよーーー!!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる
⇒ 生理8日目、大谷レディスクリニックへ


 

生理8日目、大谷レディスクリニックへ 

クロミッドを服用しはじめ、生理8日目の診察のため神戸へ。

恐らくこれが最後の夜行バスだなぁなんてしみじみしていたら、
すぐ後ろの席の方が車酔いされたようで、夜中3時ごろまでゲロゲロ状態・・・
眠るどころか、こっちまで気分が悪くなってしまった。
何度も夜行バスに乗ったけれど、こんなことは初めて。

寝不足で神戸に到着。
先生をどなたにしようかと思案していたけれど、
この日も副院長先生がお休みだったので、結局は院長先生の診察に。
大谷LCでの二度目のクロミッド採卵、生理3日目からこれまで注射はなし。
それでも卵は育っているんだろうか。
心配になって、院長先生に聞いてみた。

「3つ、4つありますよ」と。

おぉ~ あった♪ 良かった~

「今日は卵を育てる注射しましょう」

ただ、持ってかえる注射はなし、病院で打つのみ。

注射はHMG150.

そっか、やっぱり注射の力を借りなければならないってことなのかぁ。
いや、注射がまだ反応する!!という考え方もあるよね。
良いように考えようっと♪

どうか、無事に採卵できますように。

この日から採卵まで神戸に滞在予定。
今回はパソコンが壊れているため、パソコンなしでのホテル滞在。
家でもパソコンがないと不便だったけれど、出先でもやっぱり不便。
診察が終わった後はホテルでいつも予約の空きがないか、マメにチェックしていたのに、それが出来ない。
そのため、今回は病院の受付機で予約するしかない。

診察終了後にチェックすると…明後日、明々後日に空きがあるのは院長先生だ。

今回は院長先生にご縁があるみたい。
ずっと副院長先生に診て頂いていたけれど、違う先生に診て貰うのもいいかも。
良いように考えようっと♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる


 

出産報告に思う 

「産まれた!」とメールが届いたのは従妹のAちゃんから。
確か妊娠4ヶ月だと聞いたのは今年の春。
私が正常卵を移植し、陰性と分かった直後のことだった。
失意のどん底で聞いたオメデタい話に軽いパニックになったっけ。
タイミングが悪いこと、自分が妊娠できていないこと、色んなことがごちゃ混ぜになって、
「おめでとう」よりも「羨ましい」という妬みが先に出てしまったことを思い出す。

従妹のAちゃんは40歳で妊娠、41歳での出産。

予定日より2週間遅れ、自然分娩でのぞんだものの、数時間後に帝王切開に切り替えた。
出産後5日で退院し、体が元に戻らず、這いつくばってトイレに行っている。
という内容は他の従妹から聞いた内容。

みんな離れ離れなので、メールのやりとりでのことだと分かる…

でも、私に届いたのは短い短いメール。
本当に報告程度のものだった。

Aちゃんは子供のいない私に気を遣ってくれてるんだとすぐに分かった。
年が近いAちゃんだからこその気遣いなんだろうなって。
ありがとうという気持ちと、寂しいという気持ちが交差した。

「赤ちゃんに会えるのを楽しみにしてるね♪」
メールを返信しながら、思った。
その頃、私はどうなっているんだろう。

治療を断念していたとしたら・・・

Aちゃんの赤ちゃんを前にして、心の底から笑えるだろうか。
それとも、次は私の番だよって大きなお腹をしてるだろうか。

どちらにしても、そう遠くない未来だと思う。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 産んでない人とは全然ちがう
⇒ 久々、クロミッドで採卵へ
⇒ 生理7日目、サンバリア100を買いに岡本へ
⇒ クロミッド採卵、今日もフォリルモン注射
⇒ DHEAで正常卵は採れるのか?
⇒ 2度目のクロミッド採卵へ
⇒ 主人と臨むクロミッド採卵
⇒ ド緊張の凍結確認
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果
⇒ 生理3日目、クロミッドはじまる




 

生理3日目、クロミッドはじまる 

今回で不妊治療は最後にしょうと主人と話し合って決めた。
41歳ではじめた治療ももう3年半が経過。
44歳になった今、まだ不妊治療を続けいていることに自分自身驚いている。

そういえば、今年のはじめ「恐らく不妊治療、最後の年になる 」という記事を書いた。
あの時は、まだ1年ある!
そう思っていた。
1年あれば何とかなるだろうって、本当に思っていた。

でも、思い通りにはいかない。
あっという間に月日は流れた。

大谷LC、生理3日目の診察。
この日は担当の副院長先生がお休みの日。
そのため院長先生の診察を予約していた。

そういえば、前回も生理3日目の診察は院長先生だった。
採卵のための誘発法は生理3日目に決まるけれど、途中で色んな先生に変わるというのはどうなんだろうか?
最初に診察していただいた時にクロミッドだけでなく、HMGの注射もしていた。
生理3日目から今後どうしていこうかと院長先生の治療方針があったとして…
その後、別の先生になり、その方向性は変わってしまったりするかも。

確か前回…
生理3日目の診察の後は生理7日目に副院長先生。

「院長はなんて言ってた?」

そうおっしゃってた。
今思えば、カルテに何も書いてなかったのか?と疑問に思う。
このことを考えると、最初に診察を受けた先生のまま採卵までいった方がいいような気がする。

そんなことを思いながら、生理3日目の診察。
院長先生から着床前診断の結果を受け取った。
電話で聞いたとおり、2個とも染色体異常

「今日、3日目なんです」と私が言うと、

「あ、採卵しますか?」って院長先生。

先生の言葉に不安を感じた。

採卵しないって思われててもおかしくない、当然だよね、この年なんだし。
でもね一瞬、私の耳には聞こえたような気がしたんだ。

“あ、まだ採卵しますか?” って。

我ながらすごい卑屈になってるなぁって、苦笑しちゃった。
もう最後なんだから、後悔しないように頑張るだけだよね、と自分に言い聞かせて内診台へ。

さぁ、クロミッドスタートだ。
今日は注射なし。
次の予約、先生はどなたにしよう。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 産んでない人とは全然ちがう
⇒ 久々、クロミッドで採卵へ
⇒ 生理7日目、サンバリア100を買いに岡本へ
⇒ クロミッド採卵、今日もフォリルモン注射
⇒ DHEAで正常卵は採れるのか?
⇒ 2度目のクロミッド採卵へ
⇒ 主人と臨むクロミッド採卵
⇒ ド緊張の凍結確認
⇒ お久しぶりの更新です
⇒ 4度目の着床前診断結果


 

4度目の着床前診断結果 

ド緊張の凍結確認」記事から随分と月日が経ってしまいました。
遡っての記事になりますが、続きを順にアップしていきたいと思っています。



クロミッドで採卵した2個の卵ちゃん。
その2個ともが凍結出来たという嬉しい結果に着床前診断の期待が高まる。
もしかしたら、2個とも正常卵♪なんてこともあるかも!!

凍結確認から2週間後に着床前診断の結果が出ると病院からは言われている。
けれど、実際はそれよりも早めに分かっているらしい。
きっと余裕を持ってそう設定しているんだろうなって思う。
でも、ダメだった場合のことを考えてしまう。
実はそろそろ生理が来そうな予感。
もしもダメで、もしも治療を続けるとなると、この周期を逃すわけにはいかない!

そして、凍結確認から10日目。
着床前診断の結果を聞く決意をした。
この日、生理が始まったから。
もしもの場合、今日聞いておけば3日目に神戸に行くことが出来る。
この日は土曜日で主人はお休み。
いつもなら一人で聞く結果も、隣に主人がいるという安心感で勇気も出た。

「今から電話するよ」

主人にそう言うと、「絶対に大丈夫!」と頷いた。

しかし、いつもながら先生は忙しいらしく、なかなか取り次いで貰えない。
3度目のかけ直しで、やっと繋がった!と思った瞬間に撃沈した。

電話口で一拍置くのがわかった。
思ったとおり、「ダメやったわ」と小さな声がした。
副院長先生はとても分かりやすい。
悪い時は一拍あるから、話す前に結果が分かってしまう。

今回は大丈夫だと思ってた。
すっごく期待してた。
期待してただけに、辛い。
ダメだったら次の採卵だなんて考えたりしていたけれど、実際にそうなるとすぐに切り替えなんて出来ない。

もうダメかもしれない。
このまま続けてもダメかもしれない。
私の中に正常卵はもう残ってないのかもしれない。

子供を諦める…頭を過ぎった。
いままで頑張ってきたんだから、もう十分なんじゃないか。
そろそろ決断する時期が来たんじゃないか。
前回、もう一度だけってことだったよね。

マイナスな言葉ばかりを口にする私に主人は言った。

「今回は移植まで行ってない。
 だから、まだ最後じゃない。
 もう一度だけ!
 最後にもう一度だけ、がんばろう」
 

治療を続けて良いと言ってくれる主人に感謝でいっぱい。
今度こそ大丈夫だよねって言いながら二人で泣き合った。
次が本当に最後になるんだ。
出来れば、妊娠して、卒業という形で最後にしたいね。
そうなればいいね。

明後日は3日目。
泣いてなんかいられない、すぐに採卵周期に入るんだから。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 産んでない人とは全然ちがう
⇒ 久々、クロミッドで採卵へ
⇒ 生理7日目、サンバリア100を買いに岡本へ
⇒ クロミッド採卵、今日もフォリルモン注射
⇒ DHEAで正常卵は採れるのか?
⇒ 2度目のクロミッド採卵へ
⇒ 主人と臨むクロミッド採卵
⇒ ド緊張の凍結確認
⇒ お久しぶりの更新です

 

お久しぶりの更新です 

お久しぶりのブログ更新です。

前回の記事から3ヶ月以上も経っていたんですね・・・月日が経つのは早い。

実は、PCが壊れてしまい、買い換える余裕もないので、プロバイダも解約していました。

ネットなし生活というのは、なんとも不便なものです。

買い換えようかと悩んでいたところ、知人からお古のPCを譲り受けました。

ありがたや~♪

ただ、「ちょっと画面が乱れるよ」とのこと。

不具合があったからこそ知人も買い換えたのですから、ある程度は覚悟していました。

電源を入れると、確かに液晶が・・・暗いというか、消えていくという感じ。

何だかいや~な予感。

この症状、以前に見たような記憶。

すぐにバックライトの寿命だと気がつきました。

前にも同じことがあり、あの時は消えゆく画面を凝視して、外部モニターの設定をしたっけ。

早速、別のモニターを…なんて、あるわけもなく。

仕方なく、こんな風になりました。



お久しぶりの更新です




テレビしか接続できるものがなかった。

正直、見づらいっっ 画面でかすぎるよーーー

でも、十分♪

暫くはこれでしのぎます。


ブログはストップしていましたが、記事は書き溜めていましたので、順にアップしていくつもりです。

またお付き合い頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 産んでない人とは全然ちがう
⇒ 久々、クロミッドで採卵へ
⇒ 生理7日目、サンバリア100を買いに岡本へ
⇒ クロミッド採卵、今日もフォリルモン注射
⇒ DHEAで正常卵は採れるのか?
⇒ 2度目のクロミッド採卵へ
⇒ 主人と臨むクロミッド採卵
⇒ ド緊張の凍結確認

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア