3度目の着床前診断結果 

採卵できたのは19個。過去最高の卵ちゃんの数だった。
けれど、胚盤胞まで育ったのはたったの4個。
着床前診断できたのはたったの4個。
厳しいな、44歳って。

毎回、大谷レディスクリニックへ電話するのは緊張する。
凍結確認の時も、着床前診断の結果の時も。
この緊張感は何度味わっても慣れない。
慣れないけれど、電話の保留の長さには慣れてきた。
長すぎて緊張が途切れそうになるころ、副院長先生の声が聞こえた。

「1個あったよ」と、いつもの大きな声が♪

ありがとうございます!!
着床前診断した4個中、正常卵が1個見つかった。

あぁ、良かったぁぁぁぁ
緊張から開放されて、体がふにゃふにゃになっていく~
たった1個だったけど、それでもいい。
見つかって良かった♪

先生のお話によると「正常卵は卵子の数でも卵子の質でもないよ」とおっしゃった。

「受精卵だからね。受精卵の一つ一つの染色体異常を見る。
 だから、卵子の質は関係ない」
って。

卵子の老化が大きく関わっていると思ってしまいがちだけれど、卵子と精子が出会ってこその受精卵。
最近、精子の老化についての話題も多い。
卵子が活性化するかどうかを確認することで、精子の受精能力を調べる研究した結果、35歳をすぎると精子の受精能力が低下することが分かったらしい。

私たち夫婦は二人とも40代。
卵子も精子も老化しているってこと、分かってる。

40代では染色体異常は7割~8割。多い人は9割以上だそう。
でも、それって胚盤胞になって着床前診断を受けることが出来た受精卵のみで分かったこと。
今回、3度目となる着床前診断。
受けてみて分かったことは、通常の胚移植よりもかなりハードルが高いということ。

大谷レディスクリニックでは、5日~6日で胚盤胞まで育った受精卵のみを着床前診断する。
5~6日ということは、成長が早い順調に育った受精卵ということ。
転院する前は7日目、8日目で胚盤胞になった受精卵はたくさんあったし、その移植で妊娠に至ったこともあった。
今回の採卵は19個中、胚盤胞に育ったのはたったの4個。
培養を続けていれば、胚盤胞まで育った卵ちゃんも居ただろうな…
でも、その中に正常卵がいたとしても、確かめることは出来ない。
受精から6日…早い段階で、ふるいにかけられてしまうから。

着床前診断は費用も高ければ、ハードルも高い。
つくづく、そう思う。

これからエストラーナを開始し、また移植周期へと入ります。



4月初め、こんなニュースが報じられていた。

  ⇒ 朝日新聞  妊娠率上がる?議論開始 受精卵の「着床前スクリーニング」

日本産婦人科学会による「着床前スクリーニング」の議論が始まるといった内容。
着床前スクリーニングとは、体外受精させた受精卵の染色体を調べること。
着床前診断のことを言うらしい。
日本では「命の選別につながりかねない」と、日本産科婦人科学会は認可していない。
しかし、海外では効果を示す報告が出ており、日本産婦人学会は方針を転換するのか検討を始めた。

今頃なの?とも思うけれど、やっと検討されるまでになった…とも思う。

けれど、議論がなされたからといって、結果がどうなるかはまだ分からない。
日産婦は着床前スクリーニングの議論をする小委員会を2月に立ち上げ、1年間かけて結論を出すらしい。
もし、1年後に着床前スクリーニングが認可されれば、行う病院はきっと増えるだろう。
病院が増えれば、費用も少しは安くなるかもしれない。
遠方まで通院せずとも、着床前診断が受けられるかもしれない。
そして、流産に悩む人に希望の光りが見えるかもしれない。

議論がなされ、認可されたとしても、私はもうその頃いくつになっているかな?
きっと私の場合は、間に合わない。
けれど、同じように流産に苦しみながらも子供が欲しいと願う人がたくさんいる。
同じ思いも持つ方のために、未来のために、良い結果が出てほしいと願うばかり。



*** いつも遊びに来てくださる皆さまへ **

Windows XPサポート終了により、記事のアップが容易に出来なくなってしまいました。
前回も書きましたが、新しいPCを買う余裕が今はありませんっっ
とりあえず、着床前診断の結果だけでもお知らせしようと友人のPCからアップしてみました。
暫くはコメントへのお返事が出来ませんので、現在、受付を停止しております。
大変申し訳ございません。
すでに書き込みをしてくださった皆様、応援コメント本当にありがとうございます♪
メールを下さっている方々も、お返事が出来なくてすみません。
今後も超スローペースになっていくと思いますが、気長にお付き合いくださいね。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 5度目の妊娠判定 春が来ない
⇒ ピルの影響で高温期中
⇒ 不妊治療費の確定申告
⇒ アンタゴニスト法で採卵へ
⇒ 着床前診断を受ける際の採卵予約
⇒ 不妊治療はじめて丸3年
⇒ 採卵はD15で決定
⇒ 44歳の採卵
⇒ 子授け祈願に日枝神社へ
⇒ 着床前診断の費用と正常卵の確率


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア