内膜7mmで5度目の胚移植へ 

凍結胚移植のために、生理D14日目(排卵頃)に病院へ。
2度目の流産からやっと次へ進むことが出来る。
久々の内診室。
モニターで子宮内を見てみると、大きくはないものの卵子が見えた。
以前、卵が無くて不安があったのでほっとひと安心。

「排卵は終わったところのようですね。
 では、凍結胚移植、1週間後で大丈夫ですか?」


「はい!」

やっと、やっと、凍結胚移植へ進める!
流産手術をしてから4ヶ月、長かったぁぁぁ
喜びを噛み締めている私に先生は言いました。

「うーーん。
 内膜がね、7mmとちょっと薄いんですよね。
 あなたの場合、前回も7mmで妊娠していますから、
 恐らく大丈夫でしょう。
 膣座薬とエストラーナを出しておきますので、忘れずに」


内膜が7mmかぁ… 決して厚くはない数字。
普通なら内膜の厚みは10mmは欲しいところ。

凍結胚移植の前日に凍結胚を融解。
培養を続け、翌・凍結胚移植の2時間前に凍結胚の確認の電話をして、移植の有無が決定する。

f248.gif

前回、凍結胚移植の時に解凍した2つの卵のうち残っているのは1つ。
凍結胚移植は完全脱出胚盤胞で妊娠率が高く、多胎妊娠を避けるために戻したのは1つ。
そして、残りの卵1つが再凍結されました。
その時、すでに凍結胚は脱出胚盤胞まで育っていました。
脱出胚盤胞は着床寸前の状態。
前回も脱出胚盤胞を移植して妊娠出来た(残念ながら流産してしまったけれど)
ただ、前回のグレードが普通に対し、今回はそれよりもグレードが低いらしい。
確かに、あまり綺麗な状態とは言えない。
解凍時に崩壊する可能性があると培養士さんに言われています。
でも、この脱出胚盤胞が凍結胚の最後になります。
もしも、もしも、解凍時に崩壊してしまったら…
いえ、そんなことは考えないでおこう。
きっと大丈夫!

凍結胚移植は1週間後だーーー!!!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 内膜厚さ、まだ7.4mm
⇒ 卵子がない!ない!
⇒ 初の凍結胚移植へ(体外受精4度目!)
⇒ 「悪くはない」は、良くもない?
⇒ 1つ移植の理由は完全脱出胚盤胞
⇒ 妊娠判定 高hcg値キター♪
⇒ 妊娠7週目 心拍確認と来週卒業
⇒ 卒業するはずだった日の長い長い1日 ~2度目の稽留流産~
⇒ 私、何でこんなとこにいるだろ


 

凍結保存期限終了は目前 

来週、5度目の体外受精のため排卵日ごろに病院に行く予定です。
もうすぐ凍結胚移植だ!と思っていた今日、病院から封書が届きました。
開封してみると「凍結保存期限終了のお知らせ」。

 f246.gif

私が通う病院では保存期限が6ヶ月毎に継続するかどうかの確認があります。
今回期限が迫っているのは、昨年夏に凍結した胚。
前回の凍結胚移植の際に一度胚を融解し、また再凍結した卵ちゃんです。
そっか、前回の凍結胚移植から半年が経とうとしているってことだ。
あれから、妊娠して、流産して…
早いなぁ、あの移植から半年。
あっという間に年とっちゃう。
この年になると、1日、1週間、1ヶ月、そして1年過ぎるのが早い。
年を重ねるたびに加速していく気がする。

凍結胚の保存期限は1ヶ月後。
5度目の体外受精が順調に行けば、保存期限内に移植できそう。
ギリギリだな。
でも、もし何かの原因で体外受精が延期なんてことになったら???
その時は、たとえ1日や2日延長になっても保存する費用はかかってくるのかな…
まさか、そんな酷なことはないよね~

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 初の凍結胚移植へ(体外受精4度目!)
⇒ 1つ移植の理由は完全脱出胚盤胞
⇒ 妊娠7週目 心拍確認と来週卒業
⇒ 卒業するはずだった日の長い長い1日 ~2度目の稽留流産~
⇒ 私、何でこんなとこにいるだろ
⇒ ピロリ菌…原因はあなただったの?!
⇒ ピロリ菌の検査結果と除菌費用
⇒ 不育症の検査を受けてみた
⇒ 不育症検査結果「原因は、年齢」
⇒ 募る病院への不信感

 

気の早い主人、レイコップを買う 

最近よく目にするレイコップ
UVで照射し吸引する、お医者さんが考えた布団専用のダニ取りクリーナーです。
昨年、寝ている間にダニに刺され、痒い思いをしました。
掃除をしても、布団を干しても、ダニ取りシートを置いても刺されまくり。
そのため、TVで紹介されるたびにレイコップが欲しいなぁって。
でも、結構お高い。19800円!
不妊治療費にお金がかかるので、余裕がない。

そんな時、レイコップを初めてTVで見た主人は即・食いついたぁ!
ネットも、ヤマダ電機、ヨドバシ、ケーズなどレイコップを取り扱っている電気屋さんへも調査♪
どこも入荷待ち状態ではないですか!!
店員さんからは「レイコップ、すごく売れています。入荷は1ヶ月以上先」といった返答ばかり。
そんなに売れているということは、やっぱり効果があるんだと確信した主人。
私への決め言葉はやはりコレでした。

「赤ちゃんのためやで!」

これを言われると、そうだ!と思ってしまう私。 
結局この後も探し回り、コジマで在庫があることを知り、即・ゲット~!
ヤマダ電機で18800円だったと伝えると、その値段にして貰えました♪

  f244.gif

早速試してみると、ホコリみたいなものがたくさん。
どうやら、このホコリのようなものがダニらしい。

  f245.gif
ちなみに、掃除機布団ノズルで掃除した後にレイコップ使用でこんな感じです。
汚くてスミマセン!
しかし、全部ダニなのか? こんなダニ山盛り布団に寝てたのか?
横になってみると、何だかお布団が気持ちよく感じる♪ 気のせいか?!

これでこの夏は快適に過ごせるに違いない。
でも、レイコップって結構重いです。
使用するときは布団の上を滑らせるので、さほど重さは感じません。
もう1つのジニーの方が300g軽いけれど、比べて持ってもあまり差はなかったです。
「タタキ」があるか「ブラシ」があるかの違い。
でも、一番の違いはUVランプの大きさですね。
ジニーだと布団往復するのに時間がかかりそうなので、スマートにしました。
形はジニーの方が丸くて可愛いのですが、スマートにして良かった♪
ただ、コードが邪魔。
日本製だときっとコードが綺麗に収納できたりするんでしょうけど。
ブルーの巾着がついているだけです。

赤ちゃんのためだとか言ってレイコップを買ってしまった。
まだ生まれていないのに気が早いよね~
というか、まだ妊娠すらしてないんだよね~
ま、いいっか。
きっと、来年の今頃は赤ちゃんのために布団掃除をしているはずだ♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 

募る不妊専門クリニックへの不信感 

2度目の流産から4ヶ月が経過。
やっと体外受精(5度目)に進むことが出来まる!♪
久々の病院です。来院のタイミングを聞くために電話をしました。
診察券番号のほか、ピロリ菌除菌が終わったこと、凍結胚移植を予定していることを告げ、生理何日目に行くべきなのか?と。
すると、お調べしますと電話は保留に。
「次回、凍結胚移植のプランニングになりますね。
 生理2-3日目に来院ください」
とのこと。

そしてやってきた生理3日目。
流産手術後、久々の診察です。
しかし…受付の方は首を捻りました。
「今日は凍結胚移植のプランニングですか?
 領収書に書かれた予定は今日になっていましたか?」


通常、この病院では領収書に次回の予定が記載されています。
しかし、前回の領収書は「ピロリ菌除菌」で止まっていました。

「領収書に記載がなかったので、先日電話でお聞きしたところ、
 生理2日目か、3日目に来て下さいと言われました」

「確認しますのでお待ちください」と、受付の方は先生に聞きに行ったようです。
何だか、嫌な予感…
受付の方は戻って来ると「診察がありますので、お待ち下さい」と。

なーんだ、良かった。ちゃんと診察があって。
また前みたいに間違われたのかと思っちゃったよ~
  (⇒ ま、まちがい?!

しかーし!! 喜んだのも束の間…
呼ばれたのは内診室ではなく、診察室。
しかも、先生の姿がありません。
そこに居たのは受付の方でもなく、看護師さんでもない。
制服を着ていたので、医療事務の方でしょうか。
「凍結胚移植プランニングですね。
 次回、来院いただくのは排卵日頃の生理14日から16日ごろです」
と。

何? これって… またしても広がるイヤ~な予感。
「もしかして、今日は来なくても良かったのではないですか?」

バツ悪そうに愛想笑いしながら放たれた言葉は…
「え、、、まぁ・・・・そういうことになりますね。
 今日はこれで結構ですので、排卵日ごろにいらしてください。
 会計に寄る必要はありません。このままお帰り頂いて結構です」


「今日の会計は無しですか?」

「はい…」

「要するに、また間違いだったということですか?」

「えっと、ま、そうですね」

何だこれ…
間違っていたと分かった時点で言うべき「申し訳ございません」の言葉がない。
しかも、こちらから指摘しなければ、ミスを流してしまおうという態度に憤りを感じる。
あたかも間違いではなかったかのように、診察室にまで呼んで…
誰にだってミスはある。
電話で間違いを伝えた人は貴方ではないかもしれない。
それでも病院側のミスとして、ひと言あってもいいのではないか。
時間を割き、交通費を出し、指示通りにやってきているのに。

単純なミスであっても、2度も続くと不信感が募る。
私が知らない内側で、他にもミスがあるのではないかと勘ぐってしまう。
妊娠した実績はあるものの、病院の超スローな治療にもイライラ感がある。

以前から転院は考えていたものの、凍結胚が残っている。
しかも、脱出胚盤胞まで育っている。
妊娠の可能性が高いだけに、やっぱり置き去りに出来ない…
もしも、もしも…次の凍結胚移植がダメだったら、この病院は今回で最後にしよう。
そう決めました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 初の凍結胚移植へ(体外受精4度目!)
⇒ 1つ移植の理由は完全脱出胚盤胞
⇒ 妊娠7週目 心拍確認と来週卒業
⇒ 卒業するはずだった日の長い長い1日 ~2度目の稽留流産~
⇒ 私、何でこんなとこにいるだろ
⇒ ピロリ菌…原因はあなただったの?!
⇒ ピロリ菌の検査結果と除菌費用
⇒ 不育症の検査を受けてみた
⇒ 不育症検査結果「原因は、年齢」

 

不育症検査結果「原因は、年齢」 

不育症検査を受けてから、3週間。
病院から「不育症の検査結果が出ました」と電話がありました。
主人は仕事のため、私一人で検査結果を聞きに行くことに。
大抵のことなら動じない。
でも、もしも染色体異常だったら…
そう考えると一人で検査結果を聞くのはちょっと怖い。

けれど、そんな事を言ってる場合じゃない。
「どんな結果でも受け入れよう」
そう言って主人は仕事へ出かけていきました。

いつもの病院ではないので、待ち時間は1時間半と少し短め。
先生は主人が一緒ではないことを確認すると、
「お二人ともの結果をお話していいですか?」と。

「はい」と言ったものの、それって何か問題があったってことかな?と心配がグルグル頭を回る。

「ご主人、染色体異常は認められませんでした」

ほっ…♪

「えーと。奥さん、、、、も、染色体異常は認められませんでした」

ほっ♪

先生はその後も検査結果を見ては、ペンで指し示しながらおっしゃった。

「あとは、これもこれも、大丈夫。
 これも、問題ない…
 特に問題はないですね。
 しいて言えば、少しプロラクチンが高めですかね」


「プロラクチン…」

「プロラクチン。この値が高いと着床しにくい。
 まぁ不妊症の原因になるといわれている1つですね」


着床しにくい…?!
今のところ、私は打率10割なんだけどな。
体外受精4回、すべて着床してる。
プロラクチンが高いのに着床してたなんて、先生の言うとおり、私は妊娠しやすい体質ってことかぁ。

「不育症検査で特に問題がないということですか?」

「今回の検査ではそうですね。
 ただ、不育症の場合は原因不明というのが多いですから」


「原因不明…」

「いえ、必ずしもそういうわけでは。
 失礼ですが、あなたの場合。
 不妊の原因は“43歳という年齢”ですね


そう言いながら、先生は検査結果の用紙に赤ペンで数字を書き始めた。
検査結果に対する数字かと思いきや、「43」と書き、数字を四角で囲った…

43…って。
年齢ですか、年齢をそこに落書きしますか!!ってツッコミ入れたくなった。
そんなことは言われなくても分かってますから、先生。

とりあえず、不育症の検査は終了。
検査で問題があればまた延期かと思っていましたが、流産から4度の生理を迎え、ようやく凍結胚移植!
あの流産からもうすぐ4ヶ月…とてもとても長かった。
少々の不安と不信感がありますが、いよいよ5度目の体外受精!
卵ちゃんのお迎えはもう間近だぁ♪


 

疑問な「女性手帳」 

政府は「30代半ばまでに出産・結婚、望ましい」って。
そんなこと言われても、結婚も出産も個人の自由なのに…
政府が少子化対策にと導入を決定した「女性手帳」。
何だそれ?!という印象ですが、若くない私が手にすることはないみたい。
14年度から市町村で若い女性に配るらしい。

少子化対策を検討する内閣府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」は7日、妊娠・出産の正しい知識を女性に広めるための「生命(いのち)と女性の手帳」。
また、有識者会議か…
すでに蓮舫氏が導入検討にバトルしている模様。

少子化は晩産化が一因といわれ、一般的に30代後半になると女性は妊娠しにくくなる。
また、妊娠中毒症などのリスクも高まる。
こうした情報を十分知らずに妊娠の機会を逃す人もいる。
そこでタスクフォースは、手帳を使って啓発を進めることで一致したとの事。
手帳を配布するだけで晩婚化が食い止められ、少子化が改善されるのか疑問。
女性だけに配布するってことは、少子化の原因は全て女性なの?
女性に知識を広めて意識を変えるのだー的な発想も疑問。

女性手帳で少子化が食い止められるとはなかなか難しいような…
これから結婚する若い世代も大切でしょうが、産みたいと願う不妊治療患者がいるということは不妊治療助成金の申請者数を見ても分かっているはず。
不妊治療助成金が39歳以下となることは仕方ないとしても、それならば今子供が欲しいと願う高齢者には着床前診断を認可するなどの検討をして頂きたいなと思います。


 

5月8日放送 終わりのない不妊治療 

NHKクローズアップ現代、明日放送(5/8)の番組をチェックしなくちゃ!
終わりのない不妊治療が放送されます。
 (5/8 NHK クローズアップ現代 19:30~19:58)
不妊治療助成金の年齢制限の検討についてや、高齢化する不妊治療の実情といった内容のようです。
私自身、43歳という年齢。
妊娠できれば高齢出産になる。
いえ、40代という年齢では高齢出産ではなく、超高齢出産ですね。
不妊治療のため、初めて病院に行ったとき、同世代の方がたくさんいらっしゃること知りました。
自分だけではないんだと、どこかほっとしたことを覚えています。
しかし、どうやらこの状況は日本だけのようです。
日本の不妊治療は、世界でも「特異な状況」らしいです。
不妊治療を行う医療機関も体外授精の件数も、いずれも世界最多。
体外授精を受ける人の30%が40歳以上で、他の先進国の2~4倍。

しかし、私は好んで40代で出産しようと願ったわけではありません。
同じように治療されている方もそうではないでしょうか。
もっと若いころから長年不妊治療を続けている方。
私のように結婚が遅かった方。
色んな事情で40代高齢出産を目指しているのだと思います。

最近は、野田聖子さんの「私は母になりたかった」「私は母になりました」や「いのちの輝きSP」などが放送され、次は私だ!と思いながら番組を見ていました。
クローズアップ現代は不妊治療に関した内容の放送が多く、いつも関心を持っていました。
今までの内容もご覧になった方も多いのではないでしょうか。
産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~
不妊治療・追いつめられる女性たち
卵子提供 ある夫婦の選択
また、首都圏で放送されているシリーズ企画「不妊社会~産みたい育てたい~」もとても興味深いものばかりです。
NHKのHPでは動画を見ることが出来ますので、ご興味がある方はぜひ!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 太田光代さんの顕微授精に共感
⇒ 高齢出産 50代出産は51万人に8人
⇒ 命の選別 着床前診断
⇒ 産みたいのに産めない~卵子老化の衝撃~
⇒ ダウン症が血液検査で分かる新型出生前診断、実施へ
⇒ 53歳坂上みきさん 無事ご出産♪
⇒ 今夜、再放送「出生前診断 そのとき夫婦は」
⇒ 不妊に悩むカップルの半数は男性に原因
⇒ 不妊治療に民間保険を検討

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア