45歳初産 母になりました 


スヤスヤと眠る我が子の顔。
この一瞬、きっと忘れないなって思った。




主人が病院にやって来てからは早かった。
すぐに先生が超音波で最後のチェックをすると、1時間後には手術室。
麻酔を腰に打って、しばらくすると感覚がなくなり、早々と帝王切開が開始。
前置胎盤のため、出血が予想されるって先生はおっしゃった。
前置胎盤では大量出血のケースが多く、2リットルを超える場合もあるらしい。
私が自己採血で貯血できたのは1度だけ。
たったの400ml。
まず間違いなく自己血では足りない。
輸血は免れないな…

お腹を押される感覚がちょっと気持ち悪い。
下半身麻酔なので、意識がはっきりしている。
先生たちの声や作業する音はみんな聞こえる。
見えない首から下で何が起こっているだろ?
赤ちゃん大丈夫かな?
色んなことを考えていると先生がおっしゃった。

「もう産まれますよ~ はい!
 おめでとうございます!女の子ですよ」
って。

え?もう?早い!
でも、見えないし、産声も聞こえない…
心配になったその直後、元気な泣き声が響いた。

よかった! よかった! よかったーーーーー♪♪

後で聞いた話によると早産の場合、産声をあげる子は少ないそう。
小さくて力がないためらしい。
この子は看護師さんが心音が聞けないと嘆くほど、お腹の中で動き回ってた。
小さくても元気だ♪

「抱いた感じでは2000切るかなと思いますね」と先生の見解。

手術前、最後に超音波でチェックした時は2010gって言ってた。
でも、あれは推定体重だから誤差があるのは仕方ない。
沢山の赤ちゃんを取り上げてきた先生がおっしゃるのだから、2000gないんだろうな。
そっかぁ、2000gあれば良いなって思ってたけど、だいぶ小さいみたいだ。

手術は赤ちゃんが産まれてから後の方が長かった。
途中、お腹を押されて気持ち悪くなったり、赤ちゃんの泣き声が聞こえなくなって心配したりした。

しばらくして、やっとその時がきた。
助産師さんが赤ちゃんを連れてきてくれた。


おめでとう。 やっと会えたね。

頬に触れると温かかった。
泣き声聞こえないと思ったら、寝てたんだね。
スヤスヤとても気持ち良さそう♪

でも、ほんの一瞬だけだった。
赤ちゃんはすぐにNICUのある別の病院へ搬送されて行った。

手術終了時、先生がおっしゃった。

「出血はありましたが、自己血だけでいけましたよ!」って。

えぇ~♪ ありがとうございます!!!



結婚してすぐに不妊治療を始めた。
41歳だった。
妊娠と流産を繰り返し、もう赤ちゃんは無理かもしれないと思った。
空を見るだけで、流産した子を思い、涙が流れた。
子供連れの家族を見るのが辛かった。
節約と在宅ワーク、貯蓄を切り崩し、何とかやりくりして不妊治療費を捻出。
妊娠に良いといわれるものは何でも試した
主人もOGハーブを飲み、私はサプレックスα-リポ酸DHEAなどいっぱいサプリも飲んだ。
運動もしたし、食にも気をつけた
諦めきれず神戸の大谷クリニックまで通った。
それでも授からない。
治療はじめて3年半の月日が流れていた。
どこかで諦めなくては…
それは自分たちで決めなくてはならない。
年齢的にも経済的にも限界はとっくに越えていた。

これで最後!と覚悟して臨んだ体外受精。
諦めないでよかった。
色んなことがあって、今がある。

この奇跡と、支えてくださった皆様に感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。

45歳の春。
私、母になりました。
3人家族になりました。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村





「イースタティックミネラル配合ミトコア300mg」の詳細はこちら


 関連記事 
⇒ 出血を繰り返す入院生活
⇒ 出産日は妊娠37週1日目に決定
⇒ 赤ちゃん人形を使っての研修
⇒ 前置胎盤、大量出血のための自己輸血
⇒ 帝王切開に向けて自己血1回目
⇒ 妊娠32週 もしものため、決断のステロイド注射
⇒ 明日は我が身か?! 妊娠32週の出産
⇒ 帝王切開に向けての自己血2回目・・・
⇒ 帝王切開に向けて麻酔科を受診
⇒ 赤ちゃんの体重1900g Xデーは近いのか?
⇒ 妊娠33週 前置胎盤、とうとう大出血!
⇒ 陣痛並みの張り、帝王切開決定かも…
⇒ ごめんね。早産になってしまう

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア