「卵子の若返りから」何度聞いたことか、その言葉 

昨日、凍結胚移植は胚の変異により中止となりました。
ですが、培養士さんからの説明があると言われ、午後に病院を訪れました。
移植は中止になってもかかる費用があります。
そう、お高い培養費用

  f249.gif

培養士さんからの説明
「解凍した昨日は順調だったんですが…
 今日になって変異してしまいました。
 凍結・解凍に卵が耐えられなかった。
 もしくは、最初から耐えられない弱い卵だったか、ですね。
 最後は卵の持っている力ですから」


本当にそうなのだろうか。
卵だけのせいなのだろうか。
胚盤胞を凍結・解凍し、順調に脱出胚盤胞まで育っていた。
その時、強い元気な卵だと言われたのを覚えている。
そして、多胎の可能性があるとして子宮には戻さず、再凍結
更に今回、また解凍した。
2度の凍結・解凍の負担は大きかったはず。
また、解凍後の培養に問題はなかったのだろうか。
卵の解凍・培養写真を見ながらそんな事を考えていた。
すると、培養士さんが発した次の言葉にげんなりした。

「今後の治療について、先生からのお話です。
 血液検査を受けていますよね。
 卵が良くなかったということは、やはり体作り、卵若返りから。
 何を指導するかを決める上でもう一度血液検査を受けて下さい。
 ですから、次回は生理期間を外して、血液検査で来院下さい。
 結果を見て、栄養指導などが出来ると思います。とのことです」


でたっ 血液検査と体作り!
何度聞いたことか、その言葉…
転院すれば、また一から検査があるかもしれない。
もっと時間がかかるかもしれない。
主人は「すぐに次の体外受精に進ませてほしいって、先生に頼み込んでみたらどうかな」と言っていました。
でも、先生は顔も出さずに、同じく血液検査と体作りを…と。
これで決心がつきました。
私は前に進みたい。

だから、転院します!

本日のお会計 ¥32,500-

お会計で言われました。
「割引してありますからね」だって。
(胚融解・培養¥50000-割引20000円)と記載されてました。

移植も出来ず、先生の診察もないのに30000円。
日頃のお買い物では1円、10円を切り詰めて頑張っているのに。
不妊治療費って金銭感覚がおかしくなる…

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ ピロリ菌…原因はあなただったの?!
⇒ それって、転院のすすめですか?!
⇒ 1つ移植の理由は完全脱出胚盤胞
⇒ 募る病院への不信感
⇒ 凍結保存期限終了は目前
⇒ 内膜7mmで5度目の胚移植へ
⇒ 胸に拡がる納得いかない感
⇒ 5度目の体外受精、あっけなく


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア