流産手術の医療保険は10万円 

流産手術後、医療保険の請求しました。
アフラックやるなぁ、なかなか仕事が早い!!
流産手術手術給付金の請求書類を送ったのは先週。
たまたま銀行に通帳を記帳しに行ったら、アフラックの文字がありました♪
アフラックへ書類を郵送してから5日後には振り込まれてます!
医療保険の請求は初めてなので、こんなに早いとは…驚きでした。

振り込まれていたのは 手術給付金、10万円
流産手術にかかっ た費用、9,800円
 
  f211.gif

医療保険に入ってて良かった~嬉しい差額です。
でも、嬉しい差額だけど、やっぱり嬉しくはない!
請求したのは流産手術ですから。
医療保険なんて、請求しないにこしたことはありません。
今も流産したことは思い出すと悲しくて、悲しくて。
振り込まれた給付金を見るとまた悲しくて。

数年前に何となく入った医療保険。
医療保険は掛け捨てだから、勿体無いというイメージしかありませんでした。
けれど、35歳を超えても独身だったので、お守りのつもりで医療保険に加入。
そして、はじめての給付金請求が流産手術…
医療保険を契約した時は、保険の内容なんてあまり見ていませんでした。
今回、流産手術を受けて、はじめて医療保険の約款を熟読。
医療保険の契約内容もじっくり見直したのも初めてでした。
そういえば2年前、ファイナンシャルプランナー2級に合格した時でさえ、見なかったっけ。
今回の流産手術は手術内容の箇所だけをチェックしていました。
しかし、よくよく見れば、入院なしの日帰り手術もOKだったことも後から知りました。
こんなことが無ければ、じっくり見ることもなかった自分の医療保険の内容。
これからは、女性特約も必要だったりするのかな。
見直しするとき、新規契約するときは、じっくり検討しなきゃ。
あまりにも安易に契約しすぎてたことを反省。

ちなみに、医療保険の請求をした際の手術名は「流産手術」でした。
病院へは手術名の指定はせずに提出しており、戻ってきた書類には「流産手術」となっていました。
そんなとき、読者様より「子宮内容除去術」で指定されたと知り、「流産手術」じゃダメかもしれない!どうしよう…って思っていました。
保険会社によって様々だとは思いますが、アフラックでは子宮内容除去術でも、流産手術でも大丈夫なようです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ はじめての不妊治療助成金申請
⇒ 不妊治療助成金の申請
⇒ 不妊治療助成を行う都道府県の問い合わせ先
⇒ 不妊治療助成金が振り込まれる♪
⇒ 不妊治療助成金の申請について
⇒ 不妊治療助成金 2度目の申請
⇒ 流産手術は保険適用?
⇒ 流産手術の出産育児一時金

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア