子宮卵管造影検査 

不妊症の検査では早期に行われるべき、必須の検査と言えるのが、「子宮卵管造影検査」 です。

子宮卵管造影検査(hysterosalpingography=HSG)(ヒステロ)は、エックス線に反応して白く写る造影剤というものを子宮の中に注入して行う放射線の検査です。
普通のレントゲン検査(エックス線)を行っても子宮は写りません。

 子宮卵管造影検査によって分かること

・子宮や子宮の中の形態的な異常なども診断
・卵管の疎通性
・卵管周囲の癒着
などです。

卵管造影を行うと、子宮の内側の形がはっきりと描出されるので、どのタイプの奇形かかなりはっきり分かるようです。
一般の不妊症の方よりも、習慣性流産もしくは不育症の方は子宮奇形の率がやや高くなるので、特に重要な検査です。
卵管采の先端で造影剤がたまり、造影剤が卵管采からおなかの中に流れなければ、その卵管は完全に閉塞していることがわかります。
これが両側に見られると、通常の夫婦生活はもとより、人工授精を行っても妊娠は期待できません。


 子宮卵管造影検査の方法

子宮卵管造影は子宮口からカテーテルという細い管を子宮の中に入れ、造影剤を注入。
そして、レントゲン写真を撮ります。
卵管は長さが約10cmで、直径は細いところで約1mm。
そこに造影剤を注入します。
もし、卵管が詰まっていればその先へは造影剤は流れていきません。
その先は写真には写りません。
子宮の内側の形や、卵管と卵巣の癒着なども調べることが可能です。


 卵管造影検査による妊娠の可能性

子宮卵管造影は、卵管の異常をなどを見つけることが出来る検査ですが、この検査にはもう1つ重要な意義があります。
それは、造影剤を注入することによって軽い癒着であれば剥がれて、通りが良くなる可能性があります。
残念ながら、卵管が完全に閉塞した場合は別です。
ですが、通りが悪いような程度であれば、この検査の後に、妊娠する場合が多々あるそうです。
卵管造影検査はトンネル掃除と言われているのが、その理由のようです。

子宮卵管造影は痛みを伴うことが多いようです。
しかし、強い痛みを感じた場合には、どちらかの(もしくは両方の)卵管の通りが悪いことが多いといいます。

私も片側が閉塞していたため、激痛に襲われ、挙句は意識を失いました。
それほど、強烈な痛みでした。
原因は閉塞していたため。
そうでない方はそれほど痛みを感じないようです。
もし、軽い癒着程度であれば、この検査の後に仲良くすれば、妊娠の可能性があるか♪と期待していましたが、結果は癒着どころか閉塞。
妊娠の可能性はかなり低いことがはっきりし、落ち込みました。

しかし、自分の体を知り、不妊の原因を知ることは、妊娠への一歩。
辛くても検査を受け、前へ進むことが近道だと思います。


 関連記事 

⇒激痛の「卵管造影検査」体験談


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア