卵巣年齢検査 

望む時に妊娠するには、卵巣年齢(身体全体)・子宮年齢(子宮と周辺)が健やかでバランスが整っていることが大切です。
卵巣年齢とは、健康・美容・妊娠サポートをつかさどるホルモンの状態を総称したものです。

まだ30歳前だから私は大丈夫!だと思っていませんか?
卵巣年齢は実際の年齢よりも老化が早い のです。

残念ながら、実年齢と卵巣年齢は全く別です。
20代でも40代の卵巣だという方もいます。
気になる方は1度検査を受けてみましょう。

私も卵巣年齢検査を受けたことがあります。
そのとき、先生から言われた言葉です。
「勇気がいる検査ですが、自分の体を知っておくことが大切」と。

卵巣の年齢を知ることは、ある意味ショックなことかもしれません。
妊娠の可能性があとどれくらい自分に残っているのかを数字で突きつけられるようなもの。
でも、知っておくことで、これからの治療を考えるいい機会になると思い、検査を受けました。

あともう1つ先生から言われた言葉。
「申し訳ないんですが、高いんですよ。この検査代…」と。
不妊治療にはお金がかかります。
治療だけでなく、こうした検査代もとっても高いです。


 卵巣年齢が老化すると… 

卵巣が老化するとはいったいどういうことか。
体が老化するのだから、当然、子宮や卵巣も老化します。
子宮の老化は、生理が来るたびに進むといわれています。
これに加え、食生活や生活習慣などにより、子宮や卵巣の老化を実年齢以上に進めてしまうことがあり、子宮や卵巣の老化こそが、妊娠力を下げる原因になっています。

卵子ができづらくなる。
子宮内膜の増殖サイクルが狂ってしまう。
質の悪い卵子を排卵→ホルモン状態の悪化→さらに質が悪い卵子を排卵、という負のサイクルになる。
その他にも肌や髪の衰え等々。



 卵巣年齢検査[アンチミューラリアンホルモン(AMH)]

卵巣年齢を調べる検査は、月経周期に影響をうけませんので、随時受けることができます。

この検査は、血液検査です。
抗ミューラー管ホルモン(AMH:アンチ ミューラリアン ホルモン)という、生理が始まり、排卵に向けての準備段階で、一度に目覚める卵胞(原始卵胞から起こされた発育卵胞、前胞状卵胞)の1個1個から分泌されるホルモンを測ります。
一度に目覚めた数が多い(発育卵胞の数が多い)ほどその数値は高くなります。
年齢(老化)とともに、一度に目覚める卵胞の数も減っていくので、AMHの数値は卵巣の予備機能を測る指標になると考えられています。
卵巣の機能と予備能が悪くなるとAMHは減少し、機能が悪くなるとFSHは上昇していきます。
これらのホルモンに、他の排卵に関係するホルモン(LHやE2など)と生理周期や卵巣の状態などを考慮して補正し、卵巣の機能と予備能を推測することができます。


卵巣年齢検査は病院によって異なりますが、6000〜8000円 程度が多いようです。


  検査結果・AMHの基準値 

AMHとは、抗ミューラー管ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの一種です。
卵巣の中にある、これから育っていく卵胞(発育卵胞、前胞状卵胞)から分泌されるホルモンです。
原始卵胞(生まれつき卵巣の中にある、まだ育っていない卵胞)が少なくなってくると、AMHの値が低くなります。

つまり、AMH値が高いとこれから育つ卵胞が、卵巣内にまだまだたくさんあるということ。
値が低いと、卵胞が少なくなってきている状態、ということです。
この検査、簡単に言うと、このAMH値が高いほど卵巣に残っている卵子の数が多いということです。

AMH値が高い = 閉経までの時間が長い(卵巣が若い

AMHの増減は本来その人の健康状態とはほとんど関わりがないそうです。
AMHはあくまでも卵子在庫の目安と考えてください。

参考までにAMHの基準値を示しておきます。
あくまでも目安です。

 AMH値→卵巣年齢(年齢相当の予備能)
  50pM → 25〜30歳
  40pM → 30〜35歳
  20pM → 35〜40歳
  10pM → 40〜45歳
   5pM → 45〜50歳


参考:【臼井病院 Dr.Aの不妊ブログ】で基準値の計算式が記載されています。
その関係式は
【AMH値=-3.4095×年齢+166.87】として表す事ができるとしています。
(前述の換算表に記載の関係式より)


しかし!
残念ながら卵巣年齢が若くても、卵子の質には関係ありません。
卵巣と卵子の老化を防ぎ、卵子の質を良くしていく必要があります。

ただ、卵巣年齢検査をしても卵子の質は分かりません。
実際に卵子の質がいいか悪いかを知ろうと思えば、体外受精顕微受精で採卵してみないと分からないのです。
受精卵の質は、卵子の質と精子の質と半々だといわれています。



 関連記事 

⇒ 卵巣年齢チェックテスト


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア