自己注射について 

不妊治療をはじめるまでは、私は「自己注射」があるということを知りませんでした。
体外受精セミナーに行った際に初めて耳にした「自己注射」の言葉。

「ん?ジコチュウシャって何? 
  自分で注射するっていうことなのぉぉ〜?!」
と、頭の中はパニック。

驚きのあまり、隣に座っていた主人に「うそ。私が打つの?打ってくれる?」と訴えてました。

もちろん、全ての方が自己注射による排卵誘発とは限りません。
排卵誘発剤にはクロミッドやセロフェン、hMG製剤やFSH製剤など様々な薬剤がありますが、基本的には注射と内服のどちらかのタイプになります。
上記の場合、クロミッドとセロフェンが内服薬タイプ、hMG製剤とFSH製剤が注射による代表的な排卵誘発剤となります。
そして、いずれも保険の適用はないため、費用は高価 です。


 排卵誘発剤を使う目的

?排卵する力が足りないときに、それを補うという使い方。
 何らかの原因で卵が成長しない。
 排卵が起きにくい、または起きない。
 そのようば場合、ホルモンの不足している部分を補ってあげるという目的で使われます。

?自然排卵はあるけれど、妊娠の確率を高めるために、複数の卵を排出させるという使い方。
 通常、卵は1回につき片方の卵巣からひとつだけ。
 しかし、排卵誘発剤によって、例えば1つの卵巣から2つ、3つの卵を排出させる。
 それによって受精のチャンスを増やすことができます。


 自己注射のメリット

自己注射だなんて、したことないし、痛そう…

でも、メリットもあります。
自己注射によって、時間と治療費が大幅に軽減 されます。
通院するための交通費もバカになりません。
待ち時間が長い病院なら、1回1回の注射だけで通院するのは苦痛です。
また、注射の料金だってかかります。
そして、何よりも時間の都合がつけられます。
自己注射がはじまると、時間の制限があるので自分で管理できるものは自分でした方が都合がいいのです。

病院ではDVDにより自己注射のレクチャーはもちろん、直接指導もありますので、大丈夫です。
多少の痛みは我慢!
これくらいの痛み、出産に比べたら何でもない!!という気持ちで頑張りましょう。
しかし、痛みは個人差があります。案外痛みはなかった・・・なぁんていう方も多いようです。

一般的には内服タイプより、直接体内に入れる注射タイプの排卵誘発剤の方が効果は高く、その分より成熟した 質の良い卵子が作れる と言われています。



 自己注射のデメリット

注射による排卵誘発剤の方が副作用も多いと言われています。
そのため、最初は内服タイプから始めて徐々に量を増やすのが一般的のようです。
予想される副作用としては、まず卵子の数が増えることで双子をはじめとする多胎が多くなるということ。
実際の確率としては10〜20%が多胎になるというデータがあり、その80%が双子です。

また、OHSSと省略される卵巣過剰刺激症候群も大きく懸念される副作用のひとつです。
排卵誘発剤の注射によって卵巣が過度に刺激され腫れてしまい、水が溜まるという症状です。
お腹が張っていると自覚できるものから無自覚の軽度のものもありますが、酷いものとなると血液濃縮によって血栓症が起こる可能性もあり、排卵誘発剤の注射を行う場合は特に超音波検査などで定期的に経過を見守る必要があります。
その他、体質と合わず、嘔吐や身体の怠さを副作用がある方もいます。


 関連記事  

⇒ 排卵誘発法について

⇒ 体外受精セミナーに参加してみた


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア