体外受精 

 体外受精とは

体外受精は、人工授精とは違い、母体から良質の卵子を取り出して、男性の精子を人工的に母体外で受精させた後に母体に戻すという治療法です。
受精がすでに終わっている段階で母体内に戻します。
母体に戻す時点ですでに受精はしているため、母体内で受精を試みる方法を取る人工授精よりも必然的に成功率は高くなります
受精卵が着床して成長できるかどうかという点が重要です。

体外受精と人工授精はどちらも精子と卵子が自力で受精を行います。
しかし、「人工受精」は精子の手助けのみの治療方法ですが、「体外受精」の場合は、卵子の手助けも行います。

卵子が卵管膨大部へ辿り着くことが出来ない 卵管障害でも、精子と卵子が出会えるよう妊娠が可能になるというのが 体外受精 です。

卵管が閉塞している。
乏精子症や精子無力症など精子に原因がある。
免疫系に原因がある。
人工授精(AIH)を何度も施行しても妊娠しない。
子宮内膜症があって妊娠しない。
原因不明。

など、体外受精というのは体内で受精が難しいと考えられる場合に行う方法です。


 体外受精の知識

*体外受精は、これまで妊娠の可能性がない…と考えられてきた不妊症の人でも妊娠する可能性を見いだせる革命的な治療法です。
しかし、保険の適用外治療ですから一回の費用は決して安くありません。
体外受精の治療を受ける前にしっかりとした知識を勉強する必要があると思います。
費用の面だけでなく、採卵までの通院、注射。また、治療のリスクなどがあります。
私は、病院で行われている「体外受精のセミナー」を受講しました。
どんな治療が行われるのか、それまでのスケジュールは?といった内容を把握しておく必要があると思います。
もちろん、病院からの説明はあります。
どのような治療を行うのかは自分自身でしっかりと勉強しておくことが大切です。


 体外受精の流れ

体外受精―胚移植のスケジュール

排卵誘発 … 注射をして沢山の卵を作る

受精卵をつくるためには、たったひとつの卵子よりも、複数個の卵子があった方がいいので排卵剤で排卵を誘発します。
良質で成熟した卵子を複数採取できます。
排卵誘発を行いながら、超音波検査やホルモン検査をおこなって卵胞の成熟度を観察します。
卵胞が2cmくらいまで成熟したことが確認できれば、hcGという排卵誘発剤を注射して排卵を促します。
採卵は、注射後34〜48時間後に行います。

    

採卵 … 卵を採取
採卵は膣から超音波で卵胞を見ながら、細長い採卵針で卵胞を穿刺し、卵胞液ごと卵子をを注射器で吸引します。
通常は全身麻酔か局所麻酔をかけて行うので痛みはありません。
採取した卵子は、洗浄されていい状態の卵子を選び、培養液の中で成熟させます。

    

採精 … 精子の採取精液を採取してもらいます。
採卵の当日にご自宅もしくは病院の採精室で、マスターベーションにて採取します。
採取した精液は、洗浄・濃縮されて元気な精子を選び出します。

    ↓

受精・培養・分割 … 卵と精子を受精させ培養
培養容器内で卵子と精子をあわせ、受精させることをいいます。
選ばれた卵子と精子を、専用の容器にいれて受精させます。
受精すると、受精卵は細胞分裂をおこして48時間後には4分割になります。
4〜8分割になるまでそのまま培養されます。

    ↓

胚移植 … 受精卵(胚)を子宮内に移植
原則として、採卵後2〜3日目に 複数の受精卵のなかから良質のものを選んで、子宮内に移植します。
これを胚移植といいます。

移植胚数を多くすれば妊娠率は増加しますが、それと同時に多胎妊娠の発生率も上昇します。
母児に多くの問題を引き起こす多胎妊娠をできる限りさけるため日本産科婦人科学会の会告に基づき、移植胚数は原則として3個以下としています。
移植操作では痛みはほとんどありません。

    ↓

黄体サポート子宮内膜を着床しやすい状態にする
子宮の内膜を胚が着床しやすい状態にするため、黄体ホルモンを投与。
黄体ホルモンの薬には、内服薬・膣座薬・貼り薬・注射などがあります。

    ↓

妊娠判定血液検査で妊娠の判定
血液検査にて判定する場合と、尿にて判定する場合があります。
より正確にわかる血液検査が最近では多く行われています。
採卵約14日目に採血をして、血中のhCGを測定して判定を行います。
受精卵が子宮内膜におちついて根を張ったら着床です。妊娠したことになります。

    ↓

凍結
採卵時に余剰胚がある場合は「凍結」して、今後の治療で活かすことができます。


以上が、体外受精の大まかなスケジュールとなります。
スケジュールの各詳細は、項目ごとに記しますのでご確認ください。


 関連記事 

⇒ 体外受精セミナーに参加してみた

⇒ 排卵誘発法について

⇒ 採卵の流れ

⇒ 精子の採取

⇒ 受精・培養・分割

⇒ 胚移植

⇒ 妊娠判定


 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア