はじめて病院へ行くとき。 

さあ、不妊検査に行きましょう。
不妊治療は時間お金がかかる治療です。
通院しやすい病院であれば、気持ちの負担も少しは軽くなります。
自分にあったところを選ぶようにしましょう。
不妊治療助成金制度をご存知ですか?
自治体によって不妊治療助成金の支給を行っている場合があります
その際、指定された病院でなければならない場合もありますので、もし不妊治療助成金の申請を考えて折られ場合は、通院する前に確認されることが大切です。

ですが、場所以外の内容はなかなか把握できませんね。
不妊治療のために通うのが初めてであればなおさらです。
口コミなどのサイトを利用して、病院の雰囲気や対応などを参考にしてみてはいかがでしょう。
出来れば、友人知人にいい病院を聞いてみるのがいいのかもしれませんが、「不妊症」となると、何となく聞きづらいですよね。
でも、不妊検査をして、不妊治療をはじめないと何も始まりませんから、前を向いて頑張りましょう♪

では、不妊検査に行きましょう。
不妊専門クリニックへ行くのは、ちょっとドキドキですね。
行く前にチェックです。
まずは、持ち物です。

忘れ物はありませんか??
基礎体温表 
 しっかり基礎体温をつけていますか?
    f079.gif

 基礎体温の変化から、女性ホルモンである卵胞ホルモンと 黄体ホルモンの分泌の状態が わかります。
 また、問診で前回の月経日や周期を尋ねられることがあります。
 
 最近ではパソコンで管理されている方もいらっしゃるようです。
 しかし、治療に通う際は必ず病院側へ持参することになりますので、 見やすく持ち歩きしやすい冊子型が便利です。

ナプキン
 検査によっては出血することもあります。
     f080.gif
 準備している病院もありますが、念のため持参しましょう。


健康保険証
 忘れてはいけないものですね。
    f081.gif
 検査や治療によっては保険適用外ということもあります。
 不妊治療はお金のかかる治療です、お忘れなく。


検査の準備
 まず尿検査がある病院が多いはずです。
 予約の際にその旨指示があるかもしれません。
 病院でトイレに行くことを前提に出かけましょう。
 内診がありますので、脱ぎ着しやすい服装を心がけましょう。

 関連記事 
⇒ 夫婦二人で不妊検査を受けましょう
⇒ 不妊専門クリニックへ行ってみよう
⇒ 不妊治療助成を行う都道府県の問い合わせ先
⇒ 不妊治療助成金の申請
⇒ はじめての不妊治療助成金の申請

 
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア