illust992_thumb.gif



主人の実家で湯船に浸かる?浸からない? 

私の実家ではのんびりできる♪
というわけでもない。
母は父の介護で大変で、とても孫と一緒に遊ぶという状態ではない。
父の力はだんだんと弱くなってきているのが分かる。
何とか孫を抱っこしようと必死に頑張っている。
すごい力を使っているだろうに満面の笑み。
母が「落とさないように!」と言うと「落とすわけないやろ。大丈夫や!」と父は笑っていた。
喜んでくれているのが分かるから、やっぱり帰ってきて良かったと心から思う。

主人の実家と違って、少しほっとするのは離乳食。
やはりキッチンを勝手に使うことは難しい。
「どうぞ」と言われても、何がどこにかるか分からない。
何を使うにしても毎回お義母さんに聞かなくてはならない。
冷蔵庫を開けるのもやっぱり気が引けた。
主人では全く分からないので仕方がない。
結局、持参した野菜フレークが役に立った。
かぼちゃ、にんじん、とうもろこし、じゃがいも4種類のフレークは重宝した。
野菜に困ったら野菜フレークでポタージュに♪
娘は自分でスプーンですくって、口の周りベッタベタにしながら飲んでいる。

主人の実家で湯船に浸かる?浸からない?

お義母さんは「なんでも使って」と言ってくださるので私が気を使いすぎなんだろうか?
初めて帰省したお正月ではお客さん扱いだったのかなと振り返るとそんな気がする。
この前のゴールデンウィークでは違っていた。
そう!お風呂の順番が!
「先に入ってね」から今回は一番最後になっていた。
嫁ってことなんだなぁとしみじみ。
ただ、友達に聞くと「帰省したらお風呂には浸からない!」と言っていた。
確かにちょっと悩んだな~浸かるか、浸からないか。
実際、みんなはどうしているんだろうと気になるところ。
私の場合は気になるけれど、小さな温泉みたいなもんだと割り切った。
ただ、入るときに湯船をちょっと観察してしまうけれど・・・

自分の実家ではそんな気を使わなくていいのが助かる。
キッチンだってどこに何があるかも分かっている。
お風呂も気にならない。
ただ、孫と一緒に遊びたいのに遊べない母はちょっと寂しそうなのは気になった。

父のデイサービスの日、母と出かけることにした。
午前中は美容院に行きたいと言うと「私が見てるから行っといで」と。
でも、娘は私から離れようとしない。
頻繁にばぁばと会っているわけではないので、なかなか難しい。
少しでも私が視界からいなくなるとすぐに探しているらしい。
美容院はシャンプー&トリートメントをしなければ、カットのみだと1時間もかからない。
それくらいならオモチャの威力でなんとかなる!
調べると美容院の近く、そごうの子供服売り場に遊べるキッズスペースがあることを発見!
娘がオモチャに夢中になっているスキに私だけ抜け出して美容院へ♪

早く戻らなければ!と気が気ではなかったけれど、あとで話を聞いてみると全然大丈夫だった。
オモチャに夢中で、私を探すことも泣くこともなかったらしい。
母は言っていた。
「孫の面倒を見て、自分の時間を少しでも作ってあげたいと思っていた」って。
それが出来たのが嬉しかったって。
孫に会うのが楽しみなだけな帰省じゃない。
私に会うのも楽しみにしてくれているのがとても嬉しかった。





にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

 関連記事 
⇒ 立った!立った!立った~♪
⇒ 伝い歩きから激しい後追いへ
⇒ カラーボックスで新ベビーフェンス作り
⇒ スムーズな卒乳に向けて徐々に
⇒ 赤ちゃんの知育にヌリー
⇒ 40度の熱、「おそらく突発性発疹でしょうね」
⇒ 赤みだけ、「おそらく突発性発疹ではないでしょうね」
⇒ しまった!おやつ=ハイハインになってる・・・
⇒ 産後初の生理痛は少し楽になった
⇒ 謎の発疹と、二人の夏風邪
⇒ ラストおっぱい、卒乳の決意
⇒ ゆるっと卒乳おめでとう♪
⇒ 乳幼児健診に行ってきた
⇒ 卒乳に乾杯♪ 久々のお酒にほろ酔う
⇒ 1歳記念に写真館で撮影
⇒ 夏だから娘に手作り甚平
⇒ 娘がいるから竹シーツからソルティークーラーへ
⇒ 今年は飛行機で帰省へ
⇒ 藤の椅子で歩く練習♪

 
カテゴリ : [育児]1歳
PR
スポンサードリンク
プロフィール

noco122

Author:noco122
45歳。不妊治療3年半。卵管閉塞と精子無力症のため、顕微授精をしています。2度の稽留流産で泣き崩れましたが、着床前診断を受けるため大谷クリニックへ転院し、待望の妊娠!はじめてのマタニティライフを送っています。

カテゴリ
FC2
フリーエリア